FC2ブログ
P10100111_convert_20090406105145.jpg


こんにちは^^桜満開、春満開の素晴らしい陽気となっているここ鹿嶋地方であります。このままいくと今週末あたり暖かく花見日和となりそうです。

さて「不眠症ー1」と言うことですが、本日クラシエ薬品より『漢方療法推進会』の学術資料として不眠症ー1が送られてきましたので、それをご紹介していきたいと思います。




                    『不眠症ー1』
              ・・・・・西洋医学的解説①・・・・・

1・不眠症とは?

不眠症とは、入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの不調が出現する病気です。

不眠の原因はストレス、こころや体の病気、薬の副作用などさまざまで、原因に応じた対応が必要です。不眠が続くと不眠恐怖が生じ、緊張や睡眠状態へのこだわりの為に、なおさら不眠が悪化するという悪循環に陥ります。

誰しも「眠ろうとしてもどうしても眠れない」という不眠経験を持っています。心配事がある時、試験前日、旅行先などさまざまな原因がありますが、通常は数日から数週のうちにまた眠れるようになります。しかし、時には不眠が改善されず1ヶ月以上にわたって続く場合があります。

不眠が続くと日中にさまざまな不調が出現するようになります。倦怠感、意欲低下、集中力低下、抑鬱、頭重、めまい、食欲不振など多岐にわたります。



このように、①長期間にわたり夜間の不眠が続く
       ②日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する
        この二つが認められた時不眠症と診断されます。



2・不眠症のタイプ

不眠症は4つのタイプに分けられます。
①寝付きの悪い「入眠困難」
②眠りが浅く途中で何度も目が覚める「中途覚醒」
③早期に目が覚めてしまう「早期覚醒」
④ある程度眠ってもぐっすり眠れたという満足感(休養感)が得られない「熟眠障害」
以上の四つです。

当然症状が違うわけですから、不眠症状改善法も違ってきます。漢方で不眠を治療する場合、不眠に陥ってしまった原因と不眠のタイプ、その方の体質、ストレス要素などを総合的に考え、処方していくことが重要になってきます。

以上になります。


この不眠症で悩んでいる方結構多いのでは!?自分も経験ありますが、朝方まで眠れない状態が年日も続くと本当に眠るのが怖くなります。「今日は眠れるかな?」「昨日眠れなかったから仕事がきつい、だるい」などと堂々巡りのように考えてしまうこともありました。 

自分の時を材料に考えてみますと、必ず『原因』があったことを思い出します。その時の自分の改善法は、日常生活の改善、ストレスの解消をきちんと行い、適切な漢方薬を飲むことである程度早期に改善はしましたが、何も知識のない時でしたら、その時のように早期に改善していた事は無かったと思います。

生活習慣の改善やストレスの緩和、刺激物は摂取しない、就寝環境の改善など自分で出来ることをしてみて改善出来なければ、やはり専門家に相談しなければ前進できない時もあるのではないでしょうか。



質の良い睡眠で毎日明るく健康的な毎日を過ごせれば良いですよね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ