FC2ブログ
こんばんは^^今日は朝から厚い雲が空を覆い、さむーい一日となっているここ鹿嶋地方です。体を冷やしてしまうと体力が低下してしまい、食欲不振や風邪を引きやすくなるなどのリスクを招いてしまうので、なるべく冷やさないようにして下さいませ。


さて、「インフルエンザ注意報が発令されています」ということですが、まずはこちらの記事をご覧下さい。

インフルエンザ注意報発令・地域警報発令について

茨城県よりインフルエンザ注意報が発令されました。

インフルエンザが疑われる症状が出た場合には速やかに医療機関を受診するようにして下さい。
・火照り
・発熱
・喉の痛み
・倦怠感、眠気、めまい
・悪寒
・節々の痛み
など、いつもの風邪とは明らかに異なる症状が出た場合には医療機関を受診してインフルエンザの検査を受けるようにします。インフルエンザの検査キッドはウイルスの数が少ないと正常に検査できないケースがあるので、陰性と出ても、インフルエンザが疑われる場合には再度検査することをおすすめします。

インフルエンザは飛沫感染によって人から人へ感染するので
・マスク
・換気
・手洗い
・うがい
・歯磨きをしっかり行う
などを徹底することである程度感染を防ぐことができます。

更に
・腸内環境を良好にする
・運動を行い体を鍛える
・体を冷やさない
・入浴にてヒートショックプロテインを活性化させる
・睡眠をしっかりとるようにする
・バランスのとれた食事を心掛ける
・ストレスを解消する
などを普段より意識して免疫を高めておくことも大事になります。

また、漢方の世界で有名な
・板藍茶
・板藍のど飴
をこまめに利用するとインフルエンザ予防効果を高めることができます。


インフルエンザは治ったと思ってもウイルスをまき散らしてしまうことがあるので、
・発熱してから5日間
かつ
・解熱してから2日経過してから登校、出社するようにしなければなりません。

一番よくないのは明らかにインフルエンザなのに、「休めない」といって出社してしまうというケースです。このようなことをしてしまうと間違いなくウイルスをまき散らしてパンデミックを引き起こす原因になるので、冒頭に書いたような「明らかにいつもの風邪と違う…」という症状が出た場合には、休みをとって医療機関を受診するようにしなければなりません。

インフルエンザは早く治療を始めれば始めるほど改善しやすいという傾向がありますので、なるべく早く治療するよう心掛けるようにしましょう。

インフルエンザ治癒後に咳や痰、鼻づまり、咽頭痛などが残り、鼻汁や痰に色がついている場合には体力の低下によって細菌感染を起こしている可能性があるので、再度医療機関を受診して異なる治療を行う必要があります。インフルエンザが長引いてると自己判断せずに病院を受診するようにしましょう。

もちろん、症状が軽い場合には漢方療法にて改善することができますので、その際はみやわきまでご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





15151460ggg10848.jpg



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ