こんばんは^^関東地方に雪の予報が出ていたものの、やっぱり鹿嶋は安定の雨でした。これは本当に感謝しなければならないことなのですが、一年に一度でいいから雪景色を見てみたいという子供心があるので、どちらかというと残念な気持ちの方が強いです。


さて、インフルエンザ予防として「板藍茶」を使う際の注意事項ということですが、今、日本で売れに売れている漢方としてあるのが板藍茶です。各地で品切れとなっていて、当店でも板藍のど飴が入荷待ちの状態となっています。

そんなバカ売れしている板藍茶ですが、飲み方にコツがあります。

そのコツとは口内及び咽頭部への効き目を高めるために、服用後30分は「何も飲食しない」ということを守って頂きたいのです。

板藍茶は小腸から吸収されて血液中に混ざり、全身に循環して粘膜や肺のウイルスや炎症に効果をもたらすという働きがありますが、どちらかというと、直接口内及び咽頭部に付着しているウイルスを退治したり、炎症を改善したりといった作用の方が強いです。

なので、板藍茶をそのまま口内に放り込む、又は少しのお湯で溶かしてうがいしながら飲み込むようにして、その後、板藍茶の成分が口内及び咽頭部に残るようにして頂きたのです。

口内及び咽頭部に留まることによって、そこにいるウイルスを確実に退治することができますし、更に抗炎症作用も享受することができます。

1日の中でのタイミングとしては
★朝食後
★入浴後
がベストだと思います。

ウイルスや細菌などの病原菌は鼻毛や粘膜だ第一関門となり、第二関門となるのがリンパ組織である扁桃です。板藍茶を服用した後に成分を洗い流さないようにすることは、粘膜及び扁桃に付着したウイルスを退治する確率を飛躍的に上げることができます。

ぜひ、板藍茶を有効に利用して、インフルエンザ予防に役立てて下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




a0960_007994.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ