FC2ブログ
こんばんは^^朝から比較的暖かい一日となったここ鹿嶋地方です。明日からは春の嵐のなるようなので、外出の際は十分注意するようにして下さいませ。


さて、「花粉が飛ぶ季節になりました」ということですが、この陽気によって花粉の本格的な飛散が始まったようです。花粉症改善のお薬をお求めになるお客さんが急激に増えています。

そんな花粉症ですが、症状が出る方は大きく分けて3つのタイプに別れます。

①肌や粘膜が弱いタイプ
色白で生まれつき肌が弱いタイプになります。肌や粘膜、肺などがウイークポイントで、花粉症などのアレルギーはもちろん、湿疹や肌荒れ、風邪を引きやすいなどの特徴があります。

このタイプには単純に肌を元気にするという治療法を行います。漢方では「黄耆」や「冬虫夏草」という肌や粘膜の働きを高める生薬が主成分になっているものを使います。症状改善として麻黄が入っている漢方薬も効果的です。


②体質虚弱タイプ
肌や肺だけではなく、全身的に虚弱で免疫の活性が低下しているタイプです。胃腸が弱く疲れやすい、むくみやすい、太れない又は水太りしやすいなどの特徴があります。

体質虚弱タイプの方は、基本的に胃腸を立て直して体質を強化するという方法を用います。補中益気湯や六君子湯を体質改善に用いながら、柴胡桂枝湯や衛益顆粒などを症状改善として利用します。


③痰濁タイプ(炎症が慢性化しているタイプもこちら)
炎症を助長させる脂質や糖質、過剰な水分などが体に停滞している方です。余計なものが停滞していると体内に炎症反応が起きやすくなり、結果、アレルギー症状が出やすくなります。肥満、脂質異常症、高血圧、高血糖、のぼせやすいなどの特徴があります。

インチンコウトウや大柴胡湯、温胆湯、ビデンスピローサ、冠元顆粒、シンサージなどで体質改善しながら、症状の改善として荊芥連翹湯、柴胡清肝湯、竜胆瀉肝湯などを用います。


以上以外にも色々なタイプがありますが、基本はこの3タイプになります。あなたはどのタイプですか?自分に合った治療法を行うことによって速やかに改善に導けますし、更に健康状態も向上します。


お悩みの方はみやわきまでご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




151981311wew4971.jpg





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ