FC2ブログ
P1010018_convert_20090415104514.jpg
よく寝ています


こんにちは^^雨の予報でしたが、朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方であります。空気が乾燥していましたので昨日の雨は恵みの雨となったようです。


さて今回は前回書いた『不眠症ー1』の続編をご紹介していきたいと思います。

クラシエ薬品「漢方療法推進会」からの発行になります。





         「不眠症ー2」  『西洋医学的解説②』


3、不眠症は国民病

日本人を対象にした調査によれば、5人に一人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と回答しています。加齢と共に不眠は増加します。60歳以上の方では約3人に一人が睡眠問題で悩んでいます。その為、何らかの慢性病で通院している方の20人に一人が不眠のため睡眠薬を服用しています。不眠症は特殊な病気ではありません。よくある普通の病気なのです。



4、睡眠時間は問題ではない

睡眠時間には個人差があります。日本人の睡眠時間は平均して7時間程度ですが、3時間ほどの睡眠で間に合っている人もいれば、10時間ほど眠らないと寝たりない人まで様々です。
また健康な人でも、年齢と共に中途覚醒や早期覚醒が増えています。「若い頃はもっと眠れたのに」は禁物です。

不眠症は不眠そのものだけではなく、「日中に不調が出現する」ことが問題なのです。眠りが浅く感じられても、昼間の生活に支障が無ければ不眠症とは診断されません。睡眠時間が短いことや目覚め回数にこだわり過ぎない事が大事です。



5不眠の原因①

不眠症は、原因が一つという訳ではありません。大部分の不眠症にはそれぞれ原因があり対処法も異なります。
特に、睡眠時無呼吸症候群※1、レストレスレッグス症候群※2、周期性四肢運動障害※3、鬱病による不眠や過眠などは専門施設での検査と診断が必要です。これらの特殊な睡眠障害にはそれぞれの治療法があり、通常の睡眠薬では治りません。これらの睡眠障害が疑われる場合には、日本睡眠学会の睡眠医療認定医や精神科医へのご相談をお勧めします。

※1)睡眠時無呼吸症候群・・・眠りだすと呼吸が止まってしまう為、過眠や高血圧を引き起こす病気

※2)レストレスレッグス症候群(むずむず足症候群)・・・夜になると出現する下肢を中心とした異常感覚により不眠、過眠を引き起こす病気

※3)周期性四肢運動障害・・・睡眠中に四肢の異常運動が生じて睡眠が妨げられる病気




今回は以上になります。


「睡眠時間は問題ではない」という言葉が印象に残りました。

確かにそうですよね。ある睡眠に関する本を読んだ時に、いつも8時間眠っている方が、ちょっと夜更かしして5時間しか眠らなかった時というのは、実際には5時間で睡眠時間が足りていたとしても、「5時間しか眠れなかった」という『満足できていない心のストレス』が原因となって、その日一日がだるく感じてまい、あたかもそのだるさの原因が睡眠不足から来るものだと脳が勘違いしてしまうというとても興味深い内容を思い出しました。これは、「睡眠時間は問題ではない」という言葉をよくあらわしているエピソードだと思います。






プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ