FC2ブログ
こんばんは^^朝のうちは暑い雲が覆っていたものの、11時頃から気持ち良い晴れとなったここ鹿嶋地方です。これから梅雨に入りますので雨が増えそうですね。


さて、「胃腸のトラブルが多くなる季節です」ということですが、皆さん胃腸の調子は如何ですか?先ほども書きましたが、これからは梅雨となり雨が多くなるので、「胃腸のトラブル」が多くなります。

よって、あまり胃腸が強くない…という方は、すでにちょっと調子悪いかも…となっているはずです。

なぜ、雨が多くなると胃腸の調子が悪くなるのでしょうか?
それは、胃腸という臓器は「湿気」に弱い臓器だからです。水分ばかり摂っていると胃腸の働きが落ちますよね?それと一緒で雨が多くなり気圧が下がると、細胞への外圧が減り水分が漏出しやすくなるので、胃腸内部への水分漏出量も多くなるので機能が低下する原因になります。

また、胃腸の働きは自律神経によっても大きく左右され、気圧の低下によって交感神経への刺激が低下すると、胃腸への神経刺激が低下して動きが鈍ります。

更に、むしむしした暑さを感じることが多くなるので、冷たい水分を過剰に摂取することも胃腸の機能を低下させる原因になります。


このように、様々な要因が重なり梅雨時期は胃腸の働きが低下します。

よって
・冷たい物は飲まない
・暴飲暴食はしない
・甘いもの、あぶらっこい物は控えめに
・腹八分目
・就寝直前は何も口にしない
・食事は火を通したものとする
・適度に体を動かして全身の代謝を促す
・ストレスから遠ざかる
など心掛けるようにします。

漢方薬では主に水分代謝を改善する
・六君子湯
・インチンコウトウ
・参苓白朮散
・カッコウ正気散
・平胃散
・半夏瀉心湯
・令桂朮甘湯
などをおすすめする機会が多くなります。

胃腸という臓器は「よくモノ言う臓器」といわれていて、調子が悪くなると食欲不振や胃痛以外にも
・精神不安
・情緒不安定
・不眠
・動悸、不整脈
・湿疹、ニキビ
・めまい
・関節痛
・免疫低下(感染症にかかりやすくなる)
・老化の促進
・慢性疲労
・貧血
・むくみ
・口内炎、歯茎の腫れ
・膀胱炎
・その他、各種慢性病
など、多数の不快症状の原因になり、症状が強く出ることがあります。

更に、人によってはその症状が1年以上続くこともあります。よって、早期のうちに改善することが大事になります。



お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





15271547ccc01563.jpg

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ