FC2ブログ
こんばんは^^今日は朝からじっとりと湿度が高く不快指数満点な一日となりました。今後はこのような日が続きそうなので、食べ物の痛みや脱水などに注意しなければなりません。


さて、「水分の摂りすぎ、代謝の低下が原因の頭痛、高血圧に半夏白朮天麻湯」ということですが、皆さん水分摂ってますか?今は水分を摂らないことによるリスク(例えば熱中症や脳梗塞など)が叫ばれているので、水分を少ししっかり目に摂っている方が多いと思います。

これはリスクを低減させるという目的では素晴らしいことであり、腎臓にもいいというデータも出ていますので適切に水分は摂取すべきだと思います。

しかし一方で、水分の摂りすぎは水脱水を招くことや、体内に水分が停滞して高血圧や心臓疾患などを悪化させるということも分かっているので注意が必要です。

人間の体には恒常性が備わっており、水分を過剰に摂取しても尿として排泄される仕組みが備わっています。しかし、継続的に過剰な量を摂取してしまうと、徐々に体に溜まり体の各所に深刻な問題を引き起こすことがあります。特に、水分代謝機能が低下している高齢者の場合には水分がより停滞しやすくなっているので注意が必要です。

身体に余計な水分が溜まるということは、当然血液の量も増えるということになるので
・高血圧
・頭痛
・めまい
・浮遊感
・耳鳴り
・のぼせ
・動悸
・むくみ
・息切れ
・胸の圧迫感
・夜間尿
などの症状が出やすくなります。

水分の摂りすぎを見分ける症状として
・尿の色が淡く、横になると尿意がすることが多い
・舌がむくんでいる
・腋の下や股間が湿りやすい(湿疹などが出易い)
・慢性的な吐き気がする
・体が重い
・耳や目、口元などが荒れやすい
・水虫が治らない
・消化不良の胃もたれや下痢が多い
などがあります。

基本的には1日に対して、ご飯の時に味噌汁又はスープ類で2杯程度、水や清涼飲料水で1~1,5リットル(体重50~60キロの方・体重によって増減が必要)目安とし、更に追加する際には「喉の渇き」と「尿の濃さ」「体重」などを目安にするようにします。

このような基準があるものの、基本的にはその人の体質によるところが大きく、代謝が活発で喉が渇きやすいという場合には多めになり、逆に代謝が低く胃腸が弱い、心臓や腎臓が弱いと言った場合には喉が渇きにくいという傾向があります。

よって、自分の体質を把握して適宜調整するということが大事になります。


水分の摂りすぎによる頭痛や高血圧に対してはタイトルにある「半夏白朮天麻湯」という漢方薬がよく効きます。水分代謝を助けるという働きもあるので、たいして水分を摂っていないのに水太りしてしまう…という体質の方にも効果的です。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい







15275029reerer46573.jpg
子供たちが植えたコスモスとミニひまわりがすくすくと育っています。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ