FC2ブログ
こんばんは^^引き続き朝から真夏のような暑さとなっているここ鹿嶋地方です。熱中症になる確率も高くなっているので、十分注意して下さいませ。


さて、「血管の拡張がもたらす副作用」ということですが、皆さんの血管は元気ですか?

血管は拡張していると神経に触れて頭痛や三叉神経痛、関節痛など「痛み」を引き起こす他、全身的に拡張してしまうとめまいや動悸、だるさなどを生じさせる原因になります。

何故拡張するのか?その原因は大きく2つに別れます。

まず一つ目としてあるのが心身の緊張や動脈硬化、高血圧による過拡張です。心身の緊張や動脈硬化、高血圧などで全身的に血管への圧力が増すと、局所的に充血が引き起こされて血液の行き場がなくなり、血管が拡張します。

興奮や緊張は頭部に血液が集中する傾向にあります。それにより脳に集まった血液が行き場を失い、血管を拡張させてのぼせや目の充血、群発頭痛などが引き起こされます。

症状は先ほども書きましたがのぼせ、イライラ、不眠、目の充血、キーンという耳鳴り、群発頭痛、偏頭痛、高血圧、動悸などとなり、治方法は緊張の緩和になります。漢方ではサイコカリュウコツボレイトウ、チョウトウサン、加味逍遥散、抑肝散などになります。


次に挙げられるのが血管内皮細胞の機能低下です。代謝の低下、骨髄からの赤血球や血小板、白血球生成機能低下、各種ホルモンの機能低下などが原因となり、血管の機能が低下することにより、血管を収縮することができなくなり拡張します。老人性のめまいや三叉神経痛はこの血管の機能低下が原因となります。

症状としては疲れるとめまいがする、不安感が強い、食欲不振、うつ傾向、顔色が悪い、やる気の低下、貧血、免疫低下などとなり、治方法は気力、体力を補うことを行います。漢方では田七人参、霊芝、ブシ、補中益気湯、心脾顆粒、各種地黄丸類などになります。

以上以外、血管の拡張はその他、薬剤や各種病気、アレルギー、サプリメント、飲食物、飲酒、ストレス、環境の影響などによっても生じることがあります。


「血管は拡張している方が血液の流れがいいので良いこと」と考えられがちですが、一概にいえることではありません。過ぎたれば及ばざるがごとしという言葉がある通り、何事も行きすぎはよくありません。






ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




a0002_0sss04057.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ