FC2ブログ
こんばんは^^引き続き蒸し暑い一日になったここ鹿嶋地方です。日本の夏ってホント日本なんですよね。


さて、補腎をしている方に共通点は「関節痛」知らずということですが、皆さん関節の痛みなどありますか?関節痛がある方はぜひ漢方薬をお試し下さいませ。

というのは、最近気が付いたのですが、漢方でいう「補腎」という体質改善を行っている方に限り、かなりの確率で関節痛を訴える方が少ないのです。

これは飲んでいない方と比較した訳ではないので信頼性のあるデータとはいえませんが
・杞菊地黄丸
・八味丸
・知柏地黄丸
・プラセンタ製剤
・各種コラーゲン製剤
など、補腎薬と呼ばれる各種漢方薬を長年服用なさっている方に限り、ほとんどと言っていいほど
・腰痛
・膝痛
・坐骨神経痛
・頸椎の痛み
・五十肩
など関節の痛みを訴えないのです。

普通といっては何ですが、50歳以上になると何か一つくらい関節痛を訴える方が3割程度いらっしゃいます(個人的な見解です)。しかし補腎薬を服用している場合にはその確率が10%くらいにまで下がります。(あくまでも当店での割合なので信憑性は高くありません)

と、偉そうに書いてきましたが漢方薬を知っている方から言わせれば「当たり前」と怒られそうです。

何故かというと、補腎薬=関節痛の薬だからです。所謂痛み止めのような効果はブシ製剤やマオウ製剤になりますが、補腎薬は関節部位の摩耗抑制、炎症や損傷部位の再生、活性酸素抑制などの働きを担っており、関節痛の原因を抑制、改善する薬だからです。

関節痛は本来、子ども~若年であれば自分自身が持つ自然治癒力で改善することができます。よって関節痛で悩む若者は多くはありません。しかし、年を追うごとにその能力が衰えて回復できなくなり関節痛が慢性化します。補腎薬はその老化によって低下した自然治癒力を補う・高める作用があります。だから関節痛になりにくいのです。

ということで、頑固で慢性に推移している関節痛でお悩みの方、ぜひ漢方薬をお試し下さいませ。痛み止めは痛みは止めますが絶対に自然治癒力は向上しません。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい







15313045ddd46688.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ