FC2ブログ
こんばんは^^昨日までは爽やかな気持ちのいい感じだったのですが、今日からまたジメッとした日本の夏が戻ってきちゃいましたね。気を取り直して頑張って参りましょう。


さて、「お盆を過ぎたら海に入るのはやめましょう」ということですが、毎年夏になると水の事故のニュースは入ってきます。非常に心が痛くなり、なぜ…?と思ってしまいます。

そして、我が町鹿嶋市でも毎年水の事故のニュースが。今年も
男性が波にさらわれる 茨城・鹿嶋市の海岸
茨城・鹿嶋市の海岸 2人が相次いで行方不明に

以上のような痛ましい水難事故のニュースが報道されました。いずれも遊泳禁止の場所でも事故になります。

鹿嶋市では毎年このような遊泳禁止場所でも水難事故となっています。なぜでしょうか?その理由は、鹿嶋市から鉾田までの海岸線の多くは「ヘッドランド」と呼ばれる護岸工事がなされていて、そのヘッドランドには強い離岸流が発生するという性質があるからです。

実際に私もサーフィンをやっている時にヘッドランドに入水した時があるのですが、ある場所ではとても強い離岸流があると共に、海に入ると急に深くなっていて足を取られて危険だったという印象が強く残っています。また、すぐに深くなるので、その深みに波がぶつかり、逆潜流と呼ばれる引き潮が強くなり、海に引きずり込まれる流れが生まれるのでとても危険に感じました。

このような危険性があるのでヘットランドでは遊泳禁止となっています。遊泳禁止となっているにもかかわらず、泳ぐ人は一定数いるというのが現状となっており、自治体にてそれを監視する訳にもいかず事故が起きる…という事態が繰り返されています。


以上のように遊泳禁止の場所はもちろんですが、遠浅の海水浴場であっても、太平洋側の海はお盆過ぎになると急に波が荒くなり、引き潮も強くなるので遊泳してはいけません。

私も子供の頃に何度も溺れた経験がありますが全てお盆過ぎでした。

海というのはひざ下くらいで遊んでいても、急に頭を超すような大きな波が来ることがあります。よって、引き潮が強い時は絶対に油断してはいけません。監視員がいない今の時期は溺れても誰も助けてくれないので即命に関わると思って下さい。

「お盆過ぎはひざ下でも入水しちゃダメ」
この言葉を覚えておいて下さいませ。




153484fff2216268.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ