FC2ブログ


こんにちは昨日までのぐずついた天気が嘘のように素晴らしい天気に包まれているここ鹿嶋地方です。過ごしやすいという言葉がピッタリの、清々しい春の陽気が戻ってきました。やっぱり晴れは気持ちいいですね!


さて『飲酒の習慣は胃腸を弱らせる』という事ですが、自分自身の体験もありますが、日々の接客においても飲酒の習慣のある方というのは、胃腸に何らかの不具合をお持ちの方が多いようです。


その弱らせる原因ですが、

●飲むと酔っ払います
●良い気持ちになります
●体が脳が麻痺します
●からだが暖まります
という事は
○各筋肉が弛緩します(特に胃腸)
○炎症が起きやすくなります(”)
非常に簡単に言うと以上のような事が体の中で起きてきます。気分が良くなって副交感神経支配になりますので、食欲が亢進し胃腸の働きが良くなるので、胃腸には良さそうな感じがしますが、その場合は、たまに飲酒する場合や量が適切な場合、胃腸がものすごく強い場合に限られます。

それ以外の方が日常的に摂取する習慣があると、
●胃腸の筋肉が弛緩傾向になり働きが弱まります
●炎症が起きやすくなり口臭や口内炎、歯の炎症、下痢便秘、湿疹、抵抗力の低下などの原因になります
●余計な水分が停滞しやすくなり、吐き気、動悸、口臭、口内炎、食欲不振、下痢厳秘、めまい、頭痛、のぼせなどの原因になります。
●肝機能不足により消化不良、脂肪過多、コレステロール増加、内臓脂肪、腎への負担増加などが起こります。

以上がざっと考えると浮かんでくる原因になります。更に進むと慢性湿疹や貧血、心の病、各種内臓疾患へと進む可能性があるので注意が必要です。


よく「少量のアルコールを摂取し続けると長生きできる」なんて言葉を耳にしますが、それは本当に「その方にあった量」で胃腸の強い方が摂取し続けた事によるデータだと思います。しかも日本人だけのデータかどうかは分かりませんが、世界的にみると日本人は非常に胃腸が弱いというデータがあります。胃ガンの発症率も欧米と比べると明らかに多いという事です。これらの事柄から考えても、やはり胃腸の強くない日本人には、あまり飲酒の習慣はお勧め出来ないのです。飲酒の習慣がある方というのは飲酒量が段々と多くなる傾向にあるというデータもありますので・・・



現代はストレス社会とも言われています。そのストレスが飲酒の習慣を引き起こしているという事が一つ考えられますが、ストレス解消法はお酒一つではありません。一時的に嫌なことを忘れる事は出来てもまたすぐに二日酔いと共に現実がやってきます。リラックス出来る音楽やテレビ、何もかも忘れてスポーツに打ち込む、自然と戯れるなどして解消することも方法の一つです。

上手にストレスを解消して、いつまでも元気な胃腸でいたいですよね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ