FC2ブログ
こんばんは^^朝から雲が多くいつ降るかな?と思っていたら3時頃から冷たい雨が降っていたここ鹿嶋地方です。気温が急降下しているので冷やさないように注意したいですね。


さて「腰痛の漢方治療」ということですが、日本人にとても多い腰痛の原因と漢方治療についてご紹介したいと思います。

まず一つ目の要因としてあるのが「冷え」です。冷えは筋肉の緊張を引き起こすので腰部の神経が圧迫されて強い腰痛が生じます。風邪を引いて寒気がした時に関節が痛くなる仕組みと同じです。

症状としては
・悪寒
・頭痛
・背中の痛み
・ゾクゾクした寒気
・全身の関節が痛む
・鼻水
などの症状があります。急性の症状なので、症状をすぐに取り除く葛根湯、麻黄湯、桂枝湯などを利用します。体を温めると共に温かい飲み物や食べ物を摂取するようにします。


次は冷え性で代謝が悪化しているのが原因の腰痛です。冷えによる筋骨の緊張と水分代謝が悪化していることによる細胞のむくみが原因となっています。症状としては
・温めると痛みが軽減する
・軽度のむくみがある
・重怠い痛みがある
・痛む時と痛まない時とがある
・血色が悪い
などとなります。やや慢性に推移することが多いのでじっくり改善するようにしなければなりません。冷えが強い場合は桂枝加朮附湯、むくみや重怠さが強い場合はヨクイニン湯を用いるようにします。入浴や運動などで体を温め、更に代謝を上げてくれる食べ物を食べるようにします。


三番目としては「腎虚」があります。老化や心身の酷使、先天的な体質虚弱により、腰部の骨、軟骨、筋肉、神経の損傷、老化が回復出来ない為に痛みが生じます。症状としては
・高齢
・心身が疲れている
・下半身がだるい
・精力低下
・腰を使うと症状が悪化する
・頭がふらつく
・頻尿又は尿が出にくい
などがあります。改善法としては全身を元気にして自然治癒力を高めるという方法を用います。漢方薬はロクミガン、ハチミガン、杞菊地黄丸、独活寄生丸、鹿茸、人参などを用います。腎虚には黒い食べ物黒米、黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、昆布などの海藻、しいたけ、蕎麦や粘りや渋みのあるもの(山芋、もち米、蓮の実、銀杏、牡蠣)、温性のもの(ラム肉、牛肉、鶏肉、エビ、生姜、シナモン、ニラなど)、海苔、昆布、海草類、なまこなどを意識すると効果的です。


最後はおけつといって血流の悪化、患部の癒着などが原因の腰痛です。腰部の打撲や骨折、ウイルス感染、糖尿病などによって腰部の血流が悪化して痛みが発生します。症状としては
・一か所が刺すように痛む
・手で触ると違和感と痛みが増す
・腫れがある
・幹部の皮膚の色が黒っぽい
・運動障害
などがあります。患部の血流を促すことが治療となります。漢方薬としては冠元顆粒や冠脈通塞丸、田七人参などが主となります。ナス、ニラ、パセリ、セロリ、紅花、紅麹、シナモン、酢、納豆、イワシ、サバなどを適度に食事に取り入れるようにすると◎



以上、腰痛の漢方治療でした。ぜひ参考にして下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_23dds08.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ