FC2ブログ
こんばんは^^朝からシトシトと梅雨のような雨が降っているここ鹿嶋地方です。この後台風25号が上がってくるようなので天気が目まぐるしく変動するみたいです。


さて、「自律神経が狂わされてむくみが発生する理由」ということですが、台風の相次ぐ上陸、そしてそれによる気圧、気温の変動によって自律神経が乱れている方が増えています。その乱れにより「むくみ」を生じる方が増えています。

なぜむくみが生じるのでしょうか?

その理由は気圧や気温の変動によるストレスにあります。気温が気圧が急変動すると、体は血圧や体温の調節が忙しくなるので脳が興奮してストレス状態になります。そうなると、そのストレスを軽減させようと副腎が刺激され、その刺激によって体に水分を増やす鉱質コルチコイドの分泌が進み体内に水分が停留されるのでむくみが生じやすくなります。

更に湿度が高いと外圧が減るので皮下に水分停留が起きやすくなることや、血流悪化による水分代謝の低下、肌から汗の発散が妨げられることもむくみの原因になります。

主に足などにむくみが発生しますが、顔に出る場合もあります。顔及び顏周辺がむくむと目の違和感やめまい、耳鳴り、喘息などの不快症状が生じやすくなります。

胃腸は湿気に弱く、湿度の高い季節になると機能が低下しやすくなります。物理的に水分が胃腸に停滞しやすくなることや、気圧の低下によって交感神経刺激が低下(先ほど気候の変動はストレスに繋がると説明したので矛盾しますが、変動はストレスに繋がり、気圧の低下は交感神経の働きを低下させます)することなども胃腸の機能低下に繋がります。胃腸の機能が低下すると体全体の水分代謝が低下するので、輪を掛けてむくみや顏周辺の不快症状が出やすくなります。

湿気によって胃腸の機能が低下すると、食欲不振や軟便といった症状だけではなく、四肢の重だるさやめまい、皮膚の湿疹、唇及び口周辺の皮膚トラブル、疲れ目、精神的に安定しない、不眠などの不快症状が生じやすくなります。


以上、台風の通過だけで様々な不快症状を体にもたらします。自分の弱いところにより症状が出やすくなるという傾向があります。軽い場合には台風が通過すれば何事もなかったかのように症状がなくなるので心配、服薬は不要ですが、症状が重い、長引くといった場合には体質改善が必要になります。転ばぬ先の杖で未病のうちに治しておくようにしましょう。

よい三連休を!^^



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




153828773fdgvd4826.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ