FC2ブログ
P1010037_convert_20090428112050.jpg
胃腸を助ける強い見方!


こんにちは^^素晴らしい天候に包まれているものの、気温は若干低めです。油断してワイシャツ一枚でいたのですが、寒くて一枚ニットを着込みました。


さて「免疫力向上と漢方」という事ですが、免疫力と言えば今メキシコで猛威をふるっている豚インフルエンザがありますよね。毒性はさほど強くはないと言うものの、新型ウイルスということで、伝染経路や効く薬、人への危険性などまだまだ未知の部分が多く、絶対にこれ以上広がって欲しくないと思います。

そのような流行性の病にかからない為にも免疫力向上を心がける必要性があります。


免疫力向上の鍵を握るのが「腸内環境」です。免疫力の元となる栄養の吸収を担う腸の働きが良いとどんどん免疫力は向上しますが、腸内環境が悪いと栄養を吸収しないばかりか、毒素を発生させ各細胞を弱らせたり血流を悪化させたりします。


腸内環境悪化には大きく分けて2種類の原因が考えられます。

一つ目として「気虚」といって胃腸の働きが弱ってしまっている場合です。
●食欲不振
●体がだるい
●食べるともたれる
●からだが冷える
●下痢や便秘になりやすい
●やる気が起きない
●痩せる又は水太り
●いつまでも寝てられる
●ぼ~っとしている事が多い
●頻繁にあくびが出る
などの症状がでる傾向にあります。

2つ目として「湿熱」といって胃腸に過剰な熱と水分、腐敗した飲食物のカスなどによって胃腸が弱っている場合です。上にある気虚の症状が当てはまる事が多いのですが、それにプラスして
●口臭がする
●吹き出物が出やすい(口内炎、吹き出物、湿疹など)
●皮膚が痒くなりやすい
●あぶら物や甘いもの、飲酒などを摂取すると具合が悪くなる
●夕方になるとのぼせ感やめまいがする
●情緒不安定
●舌に分厚い苔がのっている
●腹部だけぽこんと出ている
●腹痛を伴う下痢やスッキリしない下痢をしやすい又は便秘
●排尿が少ない、色が濃い、匂いがきつい
●食欲にムラが多い
などの症状がでる傾向にあります。



漢方による改善法として、

「気虚」
香砂六君子湯、半夏厚朴湯、開気丸、補中益気湯、参苓白朮散、小建中湯、苓桂朮甘湯、半夏白朮天麻湯、晶三仙(写真)、大高酵素などをその方に合わせ1~3処方用いるようにします。

「湿熱」
茵陳蒿湯、半夏瀉心湯、黄連解毒湯、大柴胡湯、チョレイ湯、竜胆瀉肝湯、鬱金製剤、晶三仙(写真)、大高酵素などをその方に合わせて1~3処方用いるようにします。

《「気虚」と「湿熱」が同時に体内に共存している場合があります。そのような場合は、適時その方にあった処方を用いるようにしますので、常に明確に上のように分類されるとは限りません。》

腸内環境が悪くなると免疫力が低下するので、風邪などを引きやすくなったり、体の各所に炎症が起きやすくなるので、喘息やアトピー性皮膚炎、心の病、関節痛、各種慢性病、ガン細胞が増殖しやすい事など様々な病の原因に関係してくるのです。

いち早く自分の体の変調に気づき、食事の内容や運動不足、生活習慣など自分で改善できるものに関しては自分で改善することが大事です。


いつまでも元気な腸内環境を保ち、心も体も元気でありたいですね!





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ