FC2ブログ
こんばんは^^明日は霜注意報が出ているのでここから一気に気温が急降下しそうです。体を冷やさないように十分に注意して下さいませ。


さて、「注意!胃腸に負担を掛けてしまう食べ物たち」ということですが、皆さんお腹の調子は如何ですか?日本人は神経が過敏な人が多いので、神経に支配されている胃腸の具合が悪くなりやすいという特徴があります。

胃腸という場所は
・食べ物を吸収する
・毒性物質を分解、排泄する
・ビタミンを作り出す
・自律神経の健康を保つ
といった重要な働きがあると共に、細菌や免疫細胞が多く生息する場所なので、機能の状況によって悪玉菌が繁殖してしまい体に悪影響を及ぼす、免疫が低下又は亢進するなどに影響を及ぼします。

そんな重要な胃腸の働きを保つには胃腸に負担をかける食べ物、飲み物を避ける必要があります。順に挙げていきます。
・冷たい飲み物(冷やすのでNG)
・熱すぎる食事、冷たすぎる食事(機能低下、粘膜の損傷)
・炭酸飲料(刺激性が強すぎるのでNG)
・クリームやあんこなどのべっとりした菓子類(分解に時間がかかるので負担増)
・味が濃いもの(刺激が強すぎるのでNG)
・生の食材(分解に時間がかかる、灰汁や毒性物質があることがあるのでNG)
・タンパク質が多くバランスを欠いた食事(タンパク質は分解に時間がかかる。多すぎるのはNG)
・焦げや加熱しすぎた食材(活性酸素が多いので)
・不溶性食物繊維の摂りすぎ(胃腸の負担を増やすので食べ過ぎはダメ)
・脂っこい食べ物(分解に時間がかかる、刺激が強いのでNG)
・加工食品(添加物や脂質、味が濃いのでNG)
・喫煙や飲酒(喫煙は萎縮性胃炎→胃ガン、飲酒は食道がんの原因、大腸悪玉菌の血液中への移行を手助け)
・栄養不足(胃腸のエネルギー、機能が低下します)

以上にプラスして自分のキャパを超えた食事の量、脂質や糖質など高カロリー食の過剰摂取、食事の時間が定まらない、寝る前の飲食、エネルギー不足、バランスを欠いた食事、水分不足、ミネラル・ビタミン・その他栄養素の偏りなどはNGです。

じゃ何を食べればいいの?

1週間~10日を一区切りとして栄養のバランスが取れるように献立を考えます。その上で、旬を意識した生鮮食品を薄味で味付けし、手作りのものを同じ時間に1日3回よく噛んで腹八分目を目安に食べるようにします。

胃腸の粘膜は繰り返し刺激を受けることでガン化しやすいといわれています。以上のことを意識して食生活を送ることでその刺激を抑制させることができます。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



a0990_001369.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ