FC2ブログ
こんばんは^^朝からとても暖かい一日となりましたここ鹿嶋地方です。何となくですが、季節が20日くらい進んでいるという感じますね。夏が厳しくならないことを祈ります。


さて、「家から出られない人のためのネット画像通話相談サービス」ということですが、現代は医療においても「遠隔医療」が行われており、更に医薬品のネット販売も許可されているという現状があります。

この流れは変えられないものであり、医療関係もその流れに徐々に飲み込まれていくと思われます。

そんな時代において漢方薬局はどのような役割を果たせばいいのでしょうか?今まで通り店を構えていればいいかもしれませんが、時代に乗りインターネットを使い「相談」を行うということも行っていかなくてはならないと思っています。

それがネット画像通話相談サービスです。文字通り、インタネット回線を使い、漢方相談を行うというものです。対面と違い臭いや雰囲気などは分かりませんが、望診、聞診、問診などは行うことができます。

すでに行っている薬局さんもあるかと思いますが、やはり個人店では限界があります。その限界が普及を滞らせてしまい、また競争に勝てないという状況を作り出します。

これらを打開するには漢方メーカーさんにお願いするしかありません。当店ですとイスクラさんやクラシエさんですね。これらメーカーが主導となり、サイト作成及び宣伝を行いネット画像通話サービスを大々的に行います。

相談を受けるのは個人店で、空いている時間に「待機態勢」をサイト管理者に知らせておき、お客様とマッチングさせます。そこに中医師やドクターなども常駐させて参加させお客様の信頼性及び間違い是正に繋げます。

ネット画像通話終了後の商品発送及び金銭のやり取りは個人店toお客様で行いメーカーは関与しません。(これだと問題が発生する恐れがある時は窓口をメーカーが括り一か所とするのも案)。

2回目からの相談は窓口は同じでネットから予約する制度にするか、それとも個人店↭お客様にするか選べるようにします。

メーカーのうま味は「売り上げのみ」。普及して行けば恐らくすぐにペイできるはずです。


色々と問題はあるかと思いますが、きちっと戦略も持って挑めばイケるはずです。また、お客様の利便性も高まり、精神疾患や足が悪い人など外に出られない人の利便性も高まると思います。

今までの電話相談、ネット相談、メーカーのwebサイト→個人店を紹介という流れもよかったですが、全て一括りとして宣伝することによりその勢いは間違いなく増すと思われます。

ぜひアプリを開発してスマホ又はpcから手軽に相談できる仕組みを作って頂きたい。


というような案があるのですが漢方メーカーさん如何ですか?





LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 





line_86841508004162.jpg
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ