FC2ブログ
こんばんは^^朝からとっても爽やかな気持ちのいい陽気となったここ鹿嶋地方です。一番過ごしやすい時期ですね。


さて、原因のない「体の痒み」は深刻な病の前兆ということですが、皆さん体に痒みなどありませんか?

痒みが出る時というのは
・虫刺され
・アレルギー
・蕁麻疹
・乾燥
・汗疹
・湿疹
・擦り傷
・飲み薬の副作用
などなど「理由」があるものですが、全く原因がなく、しかも痒い部分に「皮膚の変化もない」というケースがあります。

このような「原因のない痒み」には注意が必要です。

何故かというと
・黄疸
・がん細胞による痒み成分の分泌
・肝臓や膵臓、腎臓の障害
・ストレスによる自律神経の失調
などの病気が原因のことが多いからです。

特に肝臓との関連が深く、肝臓疾患に罹患しているとβエンドルフィンと呼ばれるオピオイドの分泌が進み、それが原因となり皮膚が痒くなるという症状が出やすくなります。また、胆汁の逆流も起きやすくなり、それによる肌の痒みも生じやすくなります。

そして、あまり軽度ではなく「ある程度症状が進んでいる時」に出るという特性があるので、思い当たる節がある場合には注意が必要です。

特に胸~へそまでの「胴体部」に原因不明の痒みがある場合にはその可能性が高くなります。すぐに血液検査などで体に異常がないか調べる必要があります。

肝臓に異常があると痒み以外にも
・顔色が士気色になる(土色)
・疲れやすくなる
・黄疸
・食欲不振(特にあぶらっこいもの)
・下痢便秘
・原因不明の難治性皮膚疾患
・痔がひどくなる
・体臭(脂臭又はアンモニア臭)がきつくなる
・眠りの質が悪くなる
・頭の回転が鈍くなる
・吐き気がする時が多い
・右側ろっ骨の下に違和感を感じる
・腹部に張りを感じる
・むくみ
などを感じやすくなります。

肝機能を低下させる要因としては
・ストレス
・食事の偏り
・アルコールの摂取、喫煙
・薬の摂取
・サプリメントの摂りすぎ
・性ホルモン過多
・歯周病
・腸内環境の悪化
・甘いもの、あぶらっこい物の摂りすぎ
・脂質異常症、肥満
・毒性物質の摂取
・寝不足、不規則な生活習慣
・その他、各種肝臓疾患
などになります。


肝臓という臓器は常に増殖と消褪を繰り返している臓器なので、ある程度の弱りは改善することができます。が、ある一定以上の損傷及び体全体の衰弱がある場合には元に戻りません。よって、軽度のうちに改善することが大事になります。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_3215.jpg
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ