FC2ブログ
こんばんは^^いよいよ7月突入ですね! とはいっても気温の方はまだまだ夏には程遠い感じとなっているここ鹿嶋地方であります。(今年は冷夏か!?)


ということで「夏風邪」と言う事ですが、夏風邪で大活躍するのが定番の「カッコウ正気散」「勝湿顆粒」です。

この処方を簡単に説明すると、体表部の冷えを温めると同時に、胃腸の過剰な水分をさばくという処方になります。


しかし全てにおいて夏風邪にはこの2処方というとかなりの無理があります。

その証拠として当店では、夏風邪全体の3割くらいしか、この処方の適応のお客様がいらっしゃらないのです。

と言うのは「下痢」を訴えるお客様は多いものの、「冷え」を訴えるお客様はほとんどいないからなのです。

下痢=お腹の冷え。という事は言えなくもないのですが、その下痢が熱性のものの場合(しぶり腹)や、腸のみ冷えていて肺や体表部には過剰な熱がある場合が多いのです。そうなると下痢はしているものの体表部は冷えていないので「カッコウ正気散」や「勝湿顆粒」の適応にはなりません。


しぶり腹(腹痛がしてトイレに行くもののなかなか出るものが出ない)はもちろん腸に過剰な湿と熱があるものですし、のどの痛みに顔や体火照り感があれば肺や体表部に過剰な熱があることは間違いありません。

しぶり腹には弁証により「柴胡桂枝湯」「黄ゴン湯」「半夏寫心湯」「猪レイ湯」などが適応します。
のどの痛み、ほてり感には「銀翹散」「天津感冒片」などが夏風邪の初期には良く用いる処方と言えます。症状が色々あるような場合は、たとえば天津感冒片2粒に柴胡桂枝湯一包などのような組み合わせもも十二分に考えられます。


そのさじ加減が効くか効かないかの分かれ目なのです!


当店ではまだこの時期だと一度も「カッコウ正気散」「勝湿顆粒」の出番はないようです。
まだ冷たいもののがぶ飲みには早すぎますよね!?


と言う事で、夏風邪にもいろいろな対処法があると言う事を簡単に書いてみました。


上手に漢方を利用して夏の不調を乗り切れると良いですよね!

と言う事で今月もよろしくお願いします。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ