FC2ブログ
こんにちは^^すっばらしい天気に包まれているここ鹿嶋地方です。店の中で仕事している分には、暑くもなく寒くもなく非常に快適な日となっています。


さて「ビタミン剤の取りすぎは」という事ですが、ビタミン剤が豊富に含まれている医薬品や健康食品って多いですよね!?ビックリする位多い現状がありますが、そのビタミン剤各種体にとっては無くてはならない物質であり、健康を維持する上でも重要なものなのですが、それは「適度に」とっている場合であり、不足している場合はもちろんですが、過剰でも体にとってはやはり良くない事が起きてくるようです。


よく見かける事として、リポビタンDなどの栄養ドリンクを飲んだ後に尿が着色してビックリしたことってありませんか!?自分が最初体験した時は「あれっなんだ?病気かな?」なんて軽くビックリしたことを思い出します。

あれは過剰に入ってきたビタミンB2が、体にとっては必要で無いために尿として排泄されるが為に、B2の黄色が尿を着色して表れる反応なのですが、あのリポビタンD一本だけでも過剰と体は判断しているという事なのです。

一般的には水溶性ビタミン剤各種は、過剰に摂取しても体外に代謝排出されてしまうために害はないとと言われていますが、自分は一概に害はないとは思いません。過剰に入ってきた各種ビタミン類を代謝排泄する臓器に負担をかける事が考えられるからです。

臓器でいうと肝臓や腎臓にその負担が掛かります。更に一緒に排泄されるのに必要な水分も体から奪われてしまいますので負担が増大します。健康な方は少々続けても大丈夫な感じがしますが(健康なら取る必要が無いような気がしますが・・・)、体が弱っているような時や慢性病を抱えている様な場合は注意が必要です。


ビタミン剤が適応になる場合というのは、無理やストレスで疲れた時、夏ばてなどであまり食べられない時、風邪などで弱っている時などで、一時的にあまり食べられない時や栄養が偏っている時などで、栄養状態が良くない時に一時的に用いるというのが良いのではないでしょうか。又は「自分にあっている」もので少量づつであれば問題ないと思います。


やはり『日本食中心でバランス良く薄味で』毎日美味しく楽しく食事を頂くのが一番だと思います。体に負担をかけずに毎日しっかりバランス良く食べていて、下痢などが続いていないのであれば、まず栄養状態は悪化しないのではないでしょうか。

弱っていて栄養状態が良くないような時は、栄養を補給するのも一つの手ですが、「臓器の弱り」が有る場合はそちらの手当を優先させて、口から入ってきた飲食物を、疲れの改善に有効な栄養をきちんと転化させるようにすることが大切です。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ