FC2ブログ
P4150008_convert_20080702184630.jpg
花子姉さん


こんばんは^^本当に日が延びましたね~今現在7時ですが、まだまだライト無しで運転できる明るさです。店の入り口を開けっ放しにしているせいか、蠅や蚊などの虫たちに囲まれながらの仕事となっています。田舎って良いですね~♪


ということで、アトピー性皮膚炎と言う事ですが、結構悩んでいる方多いですね! 当店での相談ランキングでも結構上位を占めている疾患であります。


当ブログでも何度も取り上げて来ているものですが、今回はアトピーに関連している『「陰血」(体内水分、栄養分)がアトピー性皮膚炎に関連している』という事について書いていきたいと思います。


当店ではアトピー性皮膚炎に関しては、この陰血に結構注目して治療を行っています。

体内において陰血が過剰に有る状態なのか!?それとも少ない状態なのかによってまず基本的な治療方針を決めます。


多いか少ないかの弁証で一番の決め手となるのが、「患部の出方」です。

部分的(腕や足の一部など)(顔は除く)に出るものは『不足』
全体的(頭のてっぺんから足の先まで比較的均一に)に出る場合、又は顔だけ全体は『過剰』

もちろん他の弁証も取り入れ総合的に判断する事になりますが、上に書いた事も結構な割合で重要視します。


治療に用いる主となる方剤は
『不足』している場合は「涼血清営顆粒」「滋陰降下湯」「黄連阿膠湯」「冬虫夏草製剤」
『過剰』の場合は「瀉火利湿顆粒」「猪苓湯」「黄連解毒湯」「竜胆瀉肝湯」「茵陳蒿湯」「白花蛇舌湯」
両方に用いるものとして「五涼華」「五行草茶」
などを単独又は合方しながら用います。


と言う事で、アトピー性皮膚炎の漢方治療のごく一部をご紹介しました。

何をやっても上手く行かないと思っている方、一度お試しになっても良いかも知れません。




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ