FC2ブログ
こんにちは^^「梅雨」とはこのような天気を指すのでしょう。何年かぶりの梅雨らしい梅雨となっているここ鹿嶋地方です。子供の頃「いつまで雨が降り続くのだろう?いつまで青空が見えないのだろう?」と不思議に思っていた長く続く梅雨時期がありましたが、ここ数年「あの頃」のような長い梅雨が続いた記憶がありませんでした。、しかし今年は久しぶりに「あの頃」のような長い梅雨となっており、鬱陶しいと思いながらも何となく懐かしさを感じています。

さてその梅雨時期ですが、この時期に体調不良を訴える方がいらっしゃいます。例を挙げるとアトピー性皮膚炎、鼻炎、喘息、精神疾患、頭痛、関節痛などが悪化しやすい疾患として考えられます。

悪化する原因はといいますと、「湿度が上がることと気圧が下がること」この二つが密接に関わっています。この二つを漢方で例えますと、「湿熱」という症状と酷似しています。この湿熱、身体の内部が原因で発生する場合と、梅雨時期のように外気などが原因となる外因とに別れます。


この湿熱が体内にある状態だと先ほど書いた疾患はもちろん、様々な不快症状の原因となります。
よく考えられるものとして
○むくみ
○湿疹
○食欲不振、下痢、便秘
○頭痛、関節痛、各所の痛み、しびれ
○イライラ、不安感の憎悪
○めまい、フラフラ感、動悸
○目や耳、鼻の症状の悪化(見えにくい、かすみ、目やに、耳の痒み、耳鳴り、鼻炎など)
○喘息、気管支炎などの悪化
○だるさ、体が重い、疲労倦怠感の悪化
などがあります。


改善法として
●食事はあっさりとバランス良く(味の濃いものは×)
●適度に汗をかいてスッキリと
●冷たい飲みものは取らない、常温でこまめにとる
●規則正しい生活習慣で体を積極的に動かす
●濡れた後、汗をかいた後はすぐにふき取る
●除湿器やエアコンを上手に活用する
などが考えられます。

漢方薬としては、過剰な水分や熱の停滞がある場合は、それらを除去するものを、体の機能が低下し弛緩してしまっている様な場合は各所の働きを助けるものをなど、その方の不快症状の原因を改善します。


体の不快症状は、今回の梅雨のように外からの影響によって起こることがよくあります。体は季節の変化に合わせて様々な影響を受けながら生活しているのです。その時々によって自分の体が影響を受けている事を感じ取り、臨機応変に対応することが健康維持に繋がります。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ