FC2ブログ
こんにちは^^雨は降っていないものの、相変わらずの重い雲に包まれているここ鹿嶋地方です。湿度が高い日が続いてますので、偏頭痛持ちの方などは辛い季節のようです。早くスカッと晴れた気持ちの良い日が来ると良いですよね!


さて「長年患った不安障害が良くなったお客様」という事ですが、現代病名ではうつ、パニック、自律神経~などと様々な病名があります。病院治療にて劇的に良くなる方もいれば、逆に悪化するような方もいるなど、治療法があまり完全ではない分野と言えそうです。

不安障害などの精神疾患は、先天的要因や子供の頃の環境、愛情などにも大きく左右される事があるため、治療法もなかなか一筋縄ではいかない事が多いのです。

漢方治療においても同じ事が言え、同一の症状でも人によって治療法、生活の指導方は様々です。その中で、ついこの間お越しになったお客様の話ですが、十数年不安症で苦しんだ末、去年当店の漢方療法を始められた方がいます。

一番最初に来店された時に伺ったお話では、顔色がいつも悪く、動悸息切れも激しく、疲れやすい、冷え性、食欲不振、足腰が痛くなる、漠然とした不安感がある、外に出ると緊張が強くなるなどの様々な症状が出たり治まったりするというものでした。

当店からは、胃腸の働きを助け血を増す働きがあり、脳の興奮を抑える効果のある『帰脾錠』と、体の緊張を暖めながら解き、腎機能を助ける効果のある『八味地黄丸』、更に漢方の消化剤『晶三仙』をお勧めさせて頂きました。

これらの漢方薬を用いる目的として
●胃腸の働きを高め吸収率を良くする
●体の栄養を増やし尚かつその栄養の保持力を高める
●体を暖め全身の血流を改善する
●脳の過剰興奮を抑える
●内臓の緊張を緩和する
などが主になります。

経過ですが、服用してすぐに体が元気になるなどの効果を感じ、服用3ヶ月後には行けなかった買い物に一人で行けるようになったとのこと。現在も同じ処方を少し量を減らしながら服用していて、服用開始からだいたい一年くらいですが、殆ど不安症状が出ることが無く普通の健康的な日常生活を送っています。

漢方の強い所は、体の弱い所を部分的に補強し不快症状を和らげると共に、全身の健康状態を良いバランスに調整し健康を維持していけるという事です。

日常生活の養生として
○辛い物は食べない
○コーヒーや緑茶、コーラなどカフェインが入ったものは緊張を高めるので飲まない
○アルコールや炭酸飲料は脳への刺激になるので程々に
○大蒜、ニラ、らっきょう、大根、唐辛子など刺激物は控えめに
○心身共に無理はしない
○ゲームやパソコン、刺激のある映画やテレビは程々に
○ストレスや緊張する様なことから遠ざかる
○規則正しい生活習慣を(朝はきちんと起床し、昼寝をあまりしない)
○食事は日本食中心で薄味よく咀嚼してきちんと三食食べる
○間食しない(特に甘いもの)
○ストレッチやウォーキングなど軽い運動を日常に取り入れる、日光も適度に浴びる
などが考えられます。


上手に自分自身を管理し、健康的な日常生活を送っていければ良いですよね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ