FC2ブログ
こんにちは^^相変わらずの曇り空に包まれているここ鹿嶋地方です。7月に入り、急に気温も上昇を始め夏らしくなってきました。スカッとした夏空が待ち遠しいですね!


さて「酒が好きな方の口角炎」と言うことですが、最近何故か?急激にこの訴えをされるお客様が増えています。この梅雨時期の鬱陶しい湿気と関係していると思うのですが、口角炎、口内炎、、ものもらい等でご来店され、話を聞くとアルコールの席が続いた、毎晩アルコールを飲むなどアルコールを何らかの形で摂取している方が殆どなのです。


このアルコールを飲む方が、何故口角炎などの炎症が起きるのかと言いますと、アルコールを摂取すると漢方で言う『湿熱』が体内に停滞しやすくなるのです。言葉の通り過剰なな水分と熱が体内に停滞し、体内に炎症を引き起こしたり、血流や津液の流通を滞らせたりします。それらが起こると体内の各細胞は適切な栄養供給を受けられないため、各所に炎症を起こしたり、老化や弱り、疲れが顕著に表れやすくなります。

その不快症状の一つとして『口角炎』があるのです。症状の一つとして表面化しているだけであって、体内ではもっと深刻な事態が起きている事も考えられます。

その他の不快症状として
●手足が震える
●末端冷え性又は暑がり
●慢性的な皮膚炎でなかなか治らない
●水虫などが悪化しやすい
●筋肉痛になりやすい
●疲れやすい、頭が回らない
●尿が濁る、濃い、匂いがきつい
●下痢厳秘になりやすい
●あぶらものを食べると気持ち悪くなる
●爪の色が白い、変形している、横溝が入っている
●目が疲れる、乾く、充血しやすい
●喘息の悪化、痰が絡まる、咳が出やすい
●歯茎からの出血、炎症
などが考えられます。

改善法として
○禁酒
○冷たいものは飲まない、食べない
○辛いもの、味の濃いもの、脂っこいものは食べない
○コーヒーなどのカフェイン含有のものは控えめに
○加工食品、ジャンクフードは摂らない
○栄養ドリンクは摂らない
○三食日本食中心薄味でよく咀嚼して
○軽い運動やストレッチ、ヨガを日常に取り入れる
○ストレスから遠ざかりゆっくりと過ごす
などが考えられます。

漢方としては、「茵陳蒿湯」「半夏瀉心湯」「竜胆瀉肝湯」「猪苓湯」「黄連解毒湯」「六味丸」「田七人参」「霊芝」などが主になります。


大事な顔です。いつまでも綺麗な状態を保って行きたいですね!



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ