FC2ブログ
こんにちは^^昨日から蒸し暑い日が続いています。体力が消耗し疲れの出やすい時期なので、風邪などの感染症や夏ばてに注意したいものです。

さて「ひざの後ろ側の痛み、熱感」ということですが、この暑い時期に急増する訴えの一つです。特に立ち仕事が多い働き盛りの女性の方に多い傾向にあります。

多いのが、疲れている時に症状が出やすく、時間帯としては午後~夜間にかけて悪化するというものです。ひどい人になると、夜も痛みで眠れなくなるという方もいます。

その痛みの原因ですが、一言でいうと「血流の悪化」です。下肢の血流が悪化することにより、筋肉の薄いひざの裏側に症状が出やすくなるのです。下肢の血流が悪化する原因ですが、一つは筋肉の弛緩が考えられます。暑くなると体内の熱を放散しなければならないので、筋肉は弛緩傾向になります。筋肉が弛緩すると血管もその影響を受け締まりが無くなり血流が悪化するのです。

改善法として
○水分を摂りすぎない
○甘いものや油っこいものは摂りすぎない
○ストレスから遠ざかる
○食事は日本食中心でバランス良く
○風呂はぬるめであっさりと
○夜は無理をしないでゆっくりと休む
などが考えられます。

漢方薬として
血流改善を主とし、疎經活血湯、田七人参、冠脈通塞丸、桂枝茯苓丸などを用います。
更に疲れ、熱感、火照り、むくみが強い場合は、六味丸、杞菊地黄丸、知柏地黄丸、麦味地黄丸などをプラス
その他の筋肉痛、関節痛、疲労感、食欲不振、目の疲れ、皮膚炎などが伴う場合は、各種キノコ製剤、夏に不足しやすいビタミンB群を豊富に含むビイレバーキングや各種補気薬、利水薬などを証に合わせプラスしていきます。



不快な症状が良くなり、元気に生活していけたら良いですよね!





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ