FC2ブログ
こんにちは^^久しぶりにスッキリ晴れているここ鹿嶋地方です。湿度も低く、蒸し暑かった昨日までと比べると非常に過ごしやすくなっています。


さて「手足のほてり」ということですが、この症状が出やすい季節となりました。というのは、この手足のほてり、原因は漢方で言う「陰虚」という状態で夏場に出やすい症状なのです。

陰虚とは体がどのような状態なのか説明しますと、簡単にいうと体に有用な水分が減少している状態なのです。車に例えると、冷却水が減少していて過剰な熱を冷却することが出来ず、エンジンがオーバーヒートを起こしてしまっている状態です。

人間の体もこの陰虚が進むと、熱中症になったり、ひどい頭痛がしたり、食欲不振、便秘、イライラ、肌荒れ・・・・など様々な不快症状が表れやすくなり、ひどい場合は血中水分量が減少することによって、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる様な事も考えられます。


この陰虚症状ですが、夏場の暑さによって急激に水分を奪われることが原因となり、発症することが多くなります。

陰虚になりやすい体質として
●老化(体が老化すると誰でも水分保持力が低下します)
●胃腸虚弱(胃腸が弱いと、栄養や水分の吸収力が低下します)
●腎虚(腎が弱っていると、有用な水分の保持力が低下します)
●情緒不安定な方(肝や脳に熱を持ちやすく水分の必要量が高まります)
●自律神経が不安定な方(汗が漏れ出しやすくなります)
●アルコール、カフェインの摂取(水分保持力を低下させます)
●肉などタンパク質を日常的に過剰に摂取する方(水分保持力を低下させます)
●体の酷使、過剰なストレス(水分の必要量を増やします)
●水分摂取量が少ない方(陰虚が慢性的になると喉の渇きを感じにくくなります。この時期は積極的に少しずつ水分を摂りましょう)
●各種慢性病
などが考えられます。


改善法として、上に書いた原因で自分で改善できるものに関しては自分で改善し、出来ないものに関しては漢方の出番となります。

漢方では、補陰剤(水分保持力を高めるもの)が多数ありますので、適時その方にあったものを服用すると効果があります。汗を大量にかくような仕事、スポーツなどで、一過性に陰虚になるような場合はこの季節だけ服用しておけば良いと思うのですが、老化や慢性病、胃腸虚弱などの場合は、普段より少しずつで良いので、漢方にて「体質改善」をしておくとこの時期を楽に過ごせます。


上手に体調管理して、、厳しい夏を気持ちよく乗り越えたいですね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ