FC2ブログ
こんにちは^^相変わらず雲が多いここ鹿嶋地方です。気温の方はさほどではありませんが、湿度は高く不快指数はかなりのものです。

さて「たいして食べないのに太る方の原因」ということですが、このような悩みを抱えている方結構多いのでは!?その証拠として、漢方の各種痩せ薬といわれている商品が飛ぶように売れているようです。

その漢方の痩せ薬ですが、良く出回っているのが「防風通聖散」や「防已オウギ湯」と呼ばれるものです。簡単にいうと「防風通聖散」のほうは、体を興奮させるような効果と便通を良くする効果があり、「防已オウギ湯」のほうは、過剰な皮下の水分を無くし尿量を増やすといった効果が期待できます。『たいして食べないのに太る方』にこれらの漢方薬が適応になるのかといいますと、答えはNOです。

なぜNOなのかといいますと、食べないのに太る方というのは、体があまり強くないが故に太っているので、無理に便通を付けたり、無理に水分を排泄させたりというような、体力を消耗させるような攻撃的な薬は合わないのです。


肝腎の太ってしまう原因ですが、一言でいうと「有用な水分や栄養を血管や細胞内に保持する力が不足している」からなのです。きちんと血管や細胞内に栄養や水分を保持出来ないから、細胞外(皮下やお腹など)にあふれ出し、それが浮腫や脂肪が付きやすくなる原因となるのです。それらによって浸透圧を調整し体の恒常性(バランス)を保ち、健康を維持しているとも考えられます。内臓や筋肉、ホルモン系が少し弱いため、体のバランスを保つために太ってしまったり、各種体や心の不快症状の原因となるのです。

対策として
●食事は日本食中心で薄味、よく咀嚼して腹八分目(顔の筋肉を鍛え、脳血流も良くする)
●自分に合った軽い運動を毎日続ける。積極的に動く
●甘い食べ物、甘い飲み物は少しだけ。間食もなるべく控える
●飲み物はハト麦茶や麦茶を常温で
●寝る前はなるべく飲食しない
●疲れすぎない、無理しない、ダイエットしない
などが考えられます。

漢方薬としては
○補中益気湯
○六君子湯
○半夏瀉心湯
○ヨクイニン
○晶三仙
○人参養栄湯
○加味帰脾湯
○六味丸
○八味地黄丸
○麦味地黄丸
○牛車腎気丸
○霊芝類
○ケイギョク膏
などをその方、その症状に合わせ1~3種類程度をお勧めする事が多いです。


体質にもきちんとした理由があります。自分の体質を把握し、健康維持に繋げていけると良いですよね!


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ