FC2ブログ
こんにちは^^相変わらずスッキリしない蒸し暑い天気となっているここ鹿嶋地方です。今年は太平洋高気圧の勢力があまり強くないようで、低気圧がいつまでも日本全域に停滞しているようです。早くいつも通りの夏がやってきて欲しいですね。


さて「胸が苦しくなる時」ということですが、今回のこの胸が苦しくなるとは、よく聞く「恋の悩み」的なものではなく、この暑い季節に比較的多く、疲れた時や暑い日が続いた時、体力が低下した時などにみられる「胸の苦しさ」について書いていこうかと思います。


この胸の苦しさの原因として、大きく3つの臓器が関係していると考えられます。
原因になっている臓器として漢方で言う「肺」「胃腸」「腎」が関係しています。その胸の苦しさとの関係として

●肺
肺は外気と直接繋がっている唯一の臓器です。よって外気の影響を受けやすく症状が出やすいのです。外気が急に暑くなると、呼吸によって入ってくる吸気も必然的に熱くなります。熱くなるということは、肺組織が乾きやすくなったり、津液が濃縮したりしやすくなります。肺の組織が熱を持って乾き潤いが無くなると「息苦しさ」となってあらわれるのです。

●胃腸
胃腸は水分や栄養を取り込む臓器です。胃腸が弱り水分や栄養の取り込みが悪くなると、熱で乾いた肺や全身の弱った組織を修復出来なくなります。そうなると全身状態が悪くなるので疲れやすくなり、更に肺の炎症の修復も出来づらくなりますので、「息苦しさ」となってあらわれるのです。

●腎
腎は「息苦しさ」に関係するものとして、体の水分量を調節し、炎症を修復するホルモンの分泌に関わっています。腎が弱ると各細胞に適当な水分を保持することが出来なくなります。水分が不足すると過剰な熱を冷却することが出来なくなり、熱や炎症が激化しやすくなります。熱い外気の吸気によって起こる肺の渇きを冷ます冷却水やホルモンが不足するので「息苦しさ」という症状が出やすくなるのです。


以上「息苦しさ」がおこる簡単な説明になります。肺だけが原因の場合は、夏だけで一過性の場合が多いのですが、比較的慢性的で良くこの症状が出る場合は、胃腸や腎、更には「肝」による影響が考えられます。


改善法はいつもと同じになりますが、
○ストレスから遠ざかる
○食事は日本食中心、薄味、腹八分目よく咀嚼して
○甘い飲み物、間食は控えめに
○夜9時以降は何も食べない
○夜はゆっくり早めに就寝する
○積極的に毎日軽い運動を
○規則正しい生活習慣を
○酒やタバコは×
などが考えられます。


各種原因別漢方薬も効果的です。その方その症状によってオーダーメイドの漢方薬で体質改善すると効果的です。
良く用いるものとして
☆麦味参顆粒 ☆バクモンドウ湯 ☆ケイギョク膏 ☆麦味地黄丸など
☆補中益気湯 ☆六君子湯 ☆人参養栄湯 ☆加味帰脾湯 ☆ヨクイニン ☆半夏厚朴湯 ☆半夏瀉心湯 ☆茵陳蒿湯 ☆チョレイ湯など
☆六味丸 ☆杞菊地黄丸 ☆八味地黄丸 ☆チバク地黄丸 ☆天王補心丹 ☆滋陰降下湯など
+αとして
☆逍遙散 ☆冠脈通塞丸 ☆桂枝茯苓丸 ☆ビイレバーキングなど
以上が主となります。


体の渇きが「息苦しさ」となって表れます。生活習慣や漢方薬などを上手に用いて、自分をコントロールし不快症状を緩和出来ると良いですよね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ