FC2ブログ
こんにちは^^ここのところおかしな天気が続いてますね。今日も朝から曇りで気温が低く、霧が辺りに立ちこめています。夏は何処へ行ったのやら・・・

さて「子供さんの喘息」ということですが、このところの天候のように湿度が高い日が続くと「喘息が悪化する」という訴えをよく聞きます。

その喘息の原因の一つとしてよく考えられるのが、漢方で言う「脾虚」といって胃腸の機能が弱いというものです。なぜ胃腸が弱いと喘息の原因になるの!?ということになりますが、ここからは持論!?笑 になりますが、胃腸が弱るということは、食事や飲み物などの体に必要な栄養素を上手く分解吸収することが出来なくなります。これが慢性的になると全身の栄養状態が悪化するので、各筋肉や肌、細胞など全身各所の状態も悪化し、筋肉などが弛緩傾向になります。

なので単純に考えると、喉周辺の筋肉が弛緩傾向になると喘息が起きやすくなります。相乗効果で、筋肉(特に顔周辺)が弱って弛緩傾向にあると脳が興奮しやすくなります。脳が興奮すると相対的に体表部周辺(喉も含み)の筋肉は弛緩傾向になりますので、相乗効果で体表部近くの筋肉が弛緩傾向になり喘息が起きやすくなるのです。

慢性的な中枢神経の興奮、緊張=体表部(喉や消化器官含み)の筋肉の弛緩(発達とは別)が起きやすいといえますが、筋肉の弛緩といっても必ずしも運動能力が劣っている、見た目で筋肉の付きが悪いというものではなく、どちらかと言えば
●疲れやすい
●持久力がない
という傾向があります。

よく見られるのが、慢性的な胃腸虚弱が根底にあり、喘息が起きないまでも何となく調子が悪い傾向が続いている時に、
○低気圧や台風(気圧が下がると筋肉が弛緩しやすくなる)
○肉体的、精神的疲労や過緊張
○飲食の不摂生(甘いものや油っこいもの、加工食品、ジャンクフード、冷たいものなど)
○過剰なストレス、怒り、妬みなど
○刺激臭、刺激の強いものの飲食、過度の紫外線など
○風邪
○冷え又は暑さ過剰
などに誘発されて喘息が起こることが多いようです。


胃腸虚弱の見極め方として考えられるのが
●食欲や気分にムラがある
●好き嫌いが多い
●下痢便秘しやすい
●のどが乾きやすい
●甘いものを欲しがる
●良く噛むことが苦手
●よだれが多い、吐きやすい
●油物を食べると気分が悪くなる
●食後眠たくなる
●鼻炎、皮膚炎(おでき、はれ物含み)になりやすい
●車酔いしやすい
●ぼーっとしてることが多い
●腹痛、貧血傾向など
●緊張、興奮しやすい
●汗が漏れやすい(特に顔、頭)
●顔色が悪い
などが何点かあると、胃腸虚弱が原因の一つとなっている可能性があります。

対策として考えられるのが
○ジャンクフードは摂らない
○冷たいもの、甘すぎるものは摂らない
○加工食品は控えめに
○油っこいもの、味の濃いものは控えめに
○おやつは出来れば手作りで程々に
○炭酸飲料は×
○食事は日本食中心薄味でよく咀嚼して
○適度に運動し体力を向上させる
○規則正しい生活習慣を
○身の回りを清潔に保ち刺激を減少させる
○柔軟剤や芳香剤など人工的なにおいは控える
などが考えられます。

各種胃腸を強くする漢方薬も有効です。


子供の喘息の原因も多岐に渡り一筋縄ではいきませんが、その喘息の原因の一つについてご紹介しました。上手に体調管理し、不快症状を緩和していけると良いですよね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ