FC2ブログ
こんにちは^^連日とてもいい天気に包まれているここ鹿嶋地方です。湿度が低いためか、気温は30℃くらいあるにも関わらずさほど暑さは気になりません。過ごしやすい日が続くと良いですね!

本題に入る前に、ここ鹿嶋でも今世間を騒がせている『新型インフルエンザ』が流行してきています。近所の中学校では部活動の生徒さんの間で感染が広がったらしく、結構な騒ぎに発展しています。「新型」だからかは良く分かりませんが、感染力が非常に強いようですので、くれぐれもうがい手洗いを励行し、風邪かな?と思ったらすぐに病院で見てもらうようにしたほうがいいでしょう。(熱が出る前で、あまりウイルスが体内で増えきっていない時に検査すると、インフルエンザにかかっていても陰性となってしまうので、陰性でもその後発熱があった場合は再度検査することをお勧めします)


さて本題ですが、「風邪後期の漢方薬」について書いていきます。風邪後期とはどのような状態を指すのかといいますと、風邪の初期症状である、発熱、寒気、悪寒、咽頭痛、頭痛などが一段し、倦怠感や鼻や咳などの症状が残っている状態を指します。

この状態を漢方的に弁証しますと、「気陰両虚」という状態になっていると考えられます。発熱によって全身が弱り、各所の炎症によって体内水分量が減少している状態となっているのです。

もちろん鼻や咳などの、個々の細かい症状を抑える漢方薬の使い分けも重要ですが、「気陰両虚」というからだ全体が歪みを矯正することも重要です。


その気陰両虚を改善する漢方薬として当店でよく用いるのが
☆麦門冬湯
☆柴胡桂枝湯+麦門冬湯
☆小柴胡湯+麦門冬湯
☆小柴胡湯+潤肺糖ショウ
☆滋陰降下湯
★各漢方薬+ビタミン剤
などをその方、その症状によって使い分けて用いるようにします。

良く「病み上がり」という言葉を耳にしますが、誰でも風邪をひいた後というのは体力が低下しています。この体力の低下をいつまでも引きずっていると、仕事や家事に支障が出たり、新たな風邪をもらってきたり、持病が悪化したりなど様々な良くないことが考えられますので、特に「発熱」を伴う風邪をひいたような後は、しっかり休養し漢方薬などで体力を速やかに戻すことを、健康維持の方法の一つとして提案させていただきます。


上手に体調を管理し、「健康で調子良い体」を維持していけると良いですよね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ