FC2ブログ
こんにちは^^素晴らしい秋晴れとなっているここ鹿嶋地方です。先ほど近所の幼稚園生達が遠足に出かけていたのを見かけましたが、どこに行くにも何をするにもいい季節になりました。子供たちが歩いている姿がとても楽しそうに見えたのは、この素晴らしい陽気のおかげかもしれません。


さて「あなたの生理痛のタイプは?」という事ですが、イスクラ産業より貰った生理痛ポップをご紹介したいと思います。


一番目のタイプとして
☆血熱タイプ☆(体に熱がこもってるタイプです)
生理の前半に、絞られるように痛み、痛くて触られたくない・生理の色が鮮やか・量も多い・暖めると悪化などの症状が付随します。

二番目のタイプとして
☆冷えタイプ☆(体が冷えているタイプです)
生理の前半に痛み、絞られるように痛みや刺すような痛みがあり、下腹部や手足の冷え・生理量が少ない・生理の色が暗い・吐き気がする・暖めると緩和するなどの症状が付随します。

三番目のタイプとして
☆お血タイプ☆(血流が悪化しているタイプです)
生理の前半に痛み、絞られるように痛みや刺すような痛みがあり、生理の色が暗い赤色・塊が混ざる・暖めると緩和するなどの症状が付随します。

四番目のタイプとして
☆気滞タイプ☆(体の各流通や働きがスムーズにいっていない状態です)
生理の前半に痛み、張ったような痛みがあり、胸や乳房の痛み・生理前にイライラしたり頭痛がする・吐き気がするなどの症状が付随します。

五番目のタイプとして
☆肝腎不足タイプ☆(内臓の働きが低下しているタイプです)
生理の後半から終わりにかけて痛み、しくしくした痛みがあり、経血量が少なく色が薄い・腰がだるい・めまいがするなどの症状が付随します。

六番目のタイプとして
☆気血両虚タイプ(体全体のパワーが落ち込んでいるタイプです)
生理の後半から終わりにかけて痛み、しくしくした痛みがあり、経血量が少なく色が淡い・疲れやすく顔につやがないなどの症状が付随します。



以上が各生理痛のタイプの目安です。
一つの目安であり、タイプをはっきりさせて漢方を処方するには、より綿密な情報が必要になります。

生理痛にも人それぞれ原因が異なりますので、必然的に原因によってその対処法も違ってきます。
生理痛は体の中のバランスが崩れている一つの指標です。体のバランスを整え生理痛を改善するということは、からだ全体のひずみを改善しますので、生理痛はもちろん、他の病の芽を摘み取る事にも繋がります。生理痛は、自分の健康状態を知り、改善していく上でとても重要な一つの指標なのです。

改善法は、生活習慣の見直しや漢方にて体質改善していく方法があります。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ