FC2ブログ
こんにちは^^素晴らしい晴れの天気となっているここ鹿嶋地方です。風もなく過ごしやすいので、昼休みなどに外に出て体を動かしてみては如何でしょうか。

さて「ストレスによる不眠の解消法」という事ですが、このような訴えでご来店されるお客様が後を絶ちません。
最近ちょっとイライラすることがあって・・・
彼氏(彼女)と別れて・・・
子供の事で心配することがあって・・・
自分の病気の事・・・
人間関係がうまくいかない
などなど色々な理由によって「ストレス」が蓄積し、その結果「不眠」が引き起こされるのです。

なぜストレスによって不眠が引き起こされるのかといいますと
人間はストレスを受けると、ストレスホルモンを分泌します。このストレスホルモン(主にコルチゾール)はどういう働きをするかといいますと、人間の体を常に戦闘状態にするような働きがあります。血糖値や血圧を上昇させ、筋肉や脳に栄養を送り、常時不意に襲ってくる外的に備え、戦闘状態となっているのです。

少しの間であれば、運動をしているのとほぼ同じなので、体の負担は大したことないのですが、それが長引けば負担は大きくなります。誰しも一カ月以上走り続けていればおかしくなってしまうのと同じです。

ストレスホルモンが出続け、体が常に緊張状態にある期間が長くなると、
○血糖値の上昇による各細胞の損傷(特に脳や血管、腎臓への影響が大きい)
○血圧の上昇による各細胞の損傷(特に脳や肝臓、腎臓、心臓、血管への影響が大きい)
○血管の収縮による栄養運搬の滞り、細胞の酸化、心臓、肝臓、腎臓への負担増加
○消化器官の動きが悪くなることによる栄養吸収力の低下、腸内環境の悪化
○全身的には、細菌などへの抵抗力低下、カルシウムなどミネラル類の吸収力低下、貧血などが引き起こされます。
などの各所への悪影響が考えられます。

これらの原因が重なることによって、自律神経、中枢神経のバランスが乱れ「不眠」へと繋がるのです。



改善法としては
●ストレスから遠ざかる
●適度な運動で発散する
●食事はバランス良く日本食中心でよく咀嚼して
●ストレッチやアロマなどリラックスする時間を持つ
●間食(特に甘いもの、油っぽいもの)は控えめに
●アルコールは控えめに
●各種ビタミン剤は摂りすぎない
●日光を適度に浴びる習慣を
●夜9時以降は何も食べない
●辛い物やカフェイン類は控えめに
などが考えられます。

漢方薬としては、体質によりますが
初期(2週間未満)であれば、血管の収縮を改善させ血流を改善させる効果のある
「加味逍遥散」「逍遥散」などを主に「抑肝散加陳皮ハンゲ」「柴竜ボ」「桂竜ボ」「星火温胆湯」などを加味していきます。
中期以降は体質によって様々、千差万別ありますので、治療法は多岐に渡ります。
胃腸が弱っていれば胃腸薬を
腎が弱っていて、水分代謝に問題があればそれらの改善を
血流が著しく悪ければ血流の改善を
など体全体のバランスを整えながら不眠の治療を行います。

不眠に至るにはきちんと原因があります。体のバランスを整え、原因を改善していくことが不眠を根本から改善していくのに有効です。
体のバランスを良くする事は、健康を維持していくという意味でもとても大切です。


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ