FC2ブログ
こんにちは^^素晴らしい晴れの天気に包まれているここ鹿嶋地方です。風もなくとても穏やかな一日となりそうですね。

さて「新型インフルエンザの傾向」ということですが、新型インフルエンザのお客様もかなり多くなってきましたので、少しずつその傾向、体内での変化などが分かってきました。その一部をご紹介していきたいと思います。

今回の新型インフルエンザの特徴として
●焼けつくような強い咽頭痛がある(天津感冒片や銀翹散製剤が効かないことがある)
●下痢や腹痛など胃腸症状が強い
●重症化すると肺炎などの「炎症」が激化しやすい
などの傾向があります。

これはどういうことかといいますと、「細菌」の繁殖が疑われる症状が強いということです。
病院の治療でも、「タミフル+クラリス」「リレンザ+クラリス」などと従来のインフルエンザ治療では考えられない処方が多くなっていますが、これはインフルエンザウイルスの増殖を抑えると共に、細菌を殺菌するという事を目的としているのです。

漢方による治療でも、従来は天津感冒片や銀翹散製剤だけでほぼ効果があった咽頭痛や発熱ですが、今回はこれら製剤だけでは芳しくない時があるのです。そのような時は、細菌にも比較的強いとされる「白花蛇舌草」をプラスすることで症状の改善をみることがあります。
これらの反応をみると、各種反応の半分は「細菌」によって引き起こされている事が考えられるのです。

以上が決定的に従来のインフルエンザとは違う点です。(従来も細菌による不快症状はあったと思うのですが・・)


予防としては普段より、悪い細菌を増やしてしまう『腸内環境』を整えておくことです。
腸内環境を正常化しておくと、善玉菌が増えるので、体全体の悪玉菌(細菌含む)の増殖を抑える事が出来るのです。風邪症候群にかかってしまっても、腸内環境が良好であれば、細菌の増殖をある程度抑え込む事が可能ですので、風邪症状が悪化することを防ぐ事が出来るのです。

☆普段より手作りで日本食中心の食事
☆漬物やヨーグルト、納豆などの発酵食品を多く取るようにする
☆間食はしない
☆加工された食品は口にしない
☆自分に合った運動を毎日続ける習慣を
☆夜9時以降は何も口にしない
☆アルコールは控えめに
☆体の冷えやストレス(過剰な緊張、興奮)は大敵
☆繊維質のものを積極的に摂る
などが腸内環境を整えるのに大切です。

各種その方にあった漢方薬も効果的です。



早くインフルエンザの流行が無くなるといいですね。










プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ