FC2ブログ
こんばんは^^いよいよ梅雨明けしましたね!近所の海でも昨日から海開きし、まさに夏真っ盛りとなっています。


と言う事で子宮筋腫ということですが、正直漢方治療だけではちょっと・・・と思う節があります。

「上手く行く時もあれば、行かない時もある」という感じがします。(そりゃそうですよね)


筋腫が出来る理由はといいますと、

オケツ(血流が悪いから)が原因となっていますが、子宮にオケツが起こる時には、必ず理由が存在します。

要因として
血虚、陰虚(血流を良くさせる材料が足りないので、淀みオケツが起こる)
肝鬱(ストレスにより血管が収縮するので血流が悪化する)
陽虚(冷えにより血管が収縮するので血流が悪化する)
痰濁(栄養過剰や運動不足、脾腎肝気虚(胃腸や腎、肝の働きの低下)によって余分な脂肪や水分が溜まり血流が悪化する)
火熱(過剰労働、遊びすぎ、体質、栄養過多、過剰な飲酒などにより体内に過剰な熱が発生し、血液の粘度が増しオケツとなる)
過剰なホルモン治療(過剰なホルモン治療は、子宮やホルモンなどを弱らせる、栄養が枯渇して血流が悪化する)

などが考えられます。

治療として
活血化オ(炎症を抑制する。血管を開き血流を良くする)
田七人参、折衝飲、冠脈通塞丸、キュウキ調血飲第一加減、炒麦芽など 

破血(血栓を出来にくくする。血の淀みを改善する)
地竜、蛭製剤、爽月宝など

利湿(余計な水分の淀みを改善する)
瀉火利湿顆粒、竜胆瀉肝湯、猪苓湯、温胆湯、ヨクイニン、防已オウギ湯など

補気活血(細胞表面の血流を促し、傷を治す)
衛益顆粒、補中益気湯

免疫調整
冬虫夏草藍藻製剤、シベリア霊芝など

陽虚(体を暖める)
五積散、ブシ製剤、温経湯、牛車腎気丸など

を弁証により合方し用いるようにします。

効果の方は先ほども書きましたが、ハッキリした事は言えません。良くなる方もいらっしゃいますし全く良くならない方もいらっしゃいます。ハッキリと言える事は、「病院治療と併用する」と言う事です。最悪検査だけでも安心料として行かなければいけません。(仮に良くなったとしても見て貰わないと安心できませんよね!?)


不妊などで、ホルモン治療を受けていない場合の子宮筋腫は、体質や生活習慣に由来する場合が多いようです。手術などで摘出した後でも、漢方によって体質改善しておくとその他の成人病の予防に有効です。


上手に利用して健康に役立てて行きたいですね!


明日から連休になります。熱中症などに注意してくださいね!良い週末を!!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ