FC2ブログ
こんにちは^^寒い日が続いているここ鹿嶋地方です。お客様皆さん「鹿嶋でこんなに寒い冬はないですよね~」と口を揃えて言われます。体を冷やして体力を落とさないように気をつけたいですね。

さて、この寒さのせいでしょうか、タイトルにある「筋肉のけいれん」を訴える方が増えています。
○運動をしている時のけいれん
○所謂「足のつり」
○肩の凝り、痛み
○背中の筋肉の痛み
○指や手の関節が痛くなる
などの訴えが多くなります。その中でも多いのが、足のふくらはぎがつってしまうというものです。

この「あしがつる」という反応の原因ですが、つってしまう場所の筋肉への酸素や栄養の循環がうまくいっていない事が直接の原因となります。

酸素や栄養の循環が悪化する原因として
●血流が悪い(血管の収縮や血液の質の悪化)
●ストレスによる血管や筋肉の収縮
●胃腸虚弱や内臓の機能低下、出産、各種慢性病などによる血液や酸素の不足
●ストレスや心の病などによる脳の異常興奮による筋肉の過収縮
●老化や過労による水分保持力の低下。細胞の潤いが低下。
●冷えや乾燥による筋肉の過収縮。血流の悪化
●暑さによる体全体の水分量の低下
などが考えられます。

これらが原因となり、心臓より遠く影響を受けやすい「ふくらはぎ」に症状が出るのです。

改善法として
☆体を冷やさない。暖め過ぎない
☆過剰な労働、運動は控える
☆ストレスから遠ざかる
☆バランスのとれた日本食中心の食事を
☆毎日自分に合った運動やストレッチなどを続ける習慣を
☆趣味や楽しい時間でリラックスする。良く笑う

漢方薬では
体に潤いを持たせるものが主となります。
一過性のものには「芍薬甘草湯」「シャ甘草湯」
慢性的なものには「各種六味丸類」「滋陰降下湯」「けいぎょく膏」「婦宝当帰膠」「帰脾湯」「人参養栄湯」「独活寄生湯」「オウギ建中湯」
各種血流を改善する「加味逍遥散」「冠元顆粒」「冠脈通塞丸」「心サージ」「疏経活血湯」
などを症状によってお勧めする事が多いです。


筋肉のけいれんが慢性的な場合は、体のバランスが崩れている事が考えられます。
早いうちにバランスの崩れを治しておく事が大切です。


芍薬甘草
一過性のけいれんに!(血圧が高い方や慢性病をお持ちの方は慎重に)


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ