FC2ブログ
こんにちは^^小春日和のような陽気に包まれているここ鹿嶋地方です。しかしこの暖かさも今日だけで、今週末にはまた厳しい真冬の寒さが戻ってくるようです。気温の急降下で体調を崩さないようにしていきたいですね。

さて、何やら意味不明なタイトルの「肉とジャンクフードと血糖値」ですが、この3つのキーワードが密接に関わっているのです。

この3つのキーワードがなぜ密接に関わっているのかといいますと、全て「肝臓」に密接に関わっているのです。

肉類ばかり食べていると、その代謝に肝臓がフル回転しなければなりません。もちろん肉を食べると肝臓にとって悪い事ばかりではなく、働く為のエネルギーにもなるため、肝臓にとっては無くてはならないエネルギー源なのですが、取り過ぎると仕事量が増えすぎてしまうため肝臓にとっては負担となってしまうのです。

次にジャンクフードですが、ジャンクフードといえば沢山の化学調味料が使われています。化学調味料が悪者!みたいな言い方を世間ではしている方もいるようですが、全てが悪いというものではありません。細かく書くのはちょっと面倒なので割愛しますが、量を沢山とってしまう事が体には良くないのです。
例として
朝=フレーク(牛乳でわる食べ物)
昼=カップラーメンにおにぎりorマック
夜=コンビニ弁当、レトルト食品、出来あいのお惣菜、ビール
寝る前、3時の休憩=菓子類
飲み物=コカコーラ、その他砂糖がいっぱい入った清涼飲料水
ちょっと極端ですが、このような食生活を送っていると、添加物過多なので、肝臓や胃腸にかなりのダメージとなります。

化学調味料の類は自然界に存在しない為、その構造が複雑です。そのため胃腸での分解に時間がかかり胃腸を疲れさせる原因になります。


というように、肉類やジャンクフードの摂取過多が進むと、肝臓が疲労困憊してしまいます。その結果、肝臓が「糖を溜め込む」という機能を失い四六時中糖新生を行ってしまうため、血糖値が上昇してしまうのです。

肉類やジャンクフードの摂取過多の他に
●甘い清涼飲料水を良く飲む
●運動不足
●ストレスが多い
●薬を良く飲む(漢方以外の風邪薬の類)
●アルコールを良く飲む
●肝炎ウイルス
●各種慢性病
などがある場合は血糖値上昇が進みやすいので注意が必要です。


改善法としては、肉類やジャンクフードの過剰摂取がある場合はそれをやめる!これだけです。とても簡単です。
3度の食事をバランス良く食べて(繊維質を多く)、自分にあった運動を続けるようにすれば自然と血糖値は戻る事が多いようです。

自己を管理して健康維持していけたらいいですね。



りゅうたん
解毒を助けます
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ