FC2ブログ
こんにちは^^昨日の天気予報では、今日は曇りのち雨だったような気がしましたが、朝から良く晴れ、気温も高く過ごしやすい小春日和のような一日となりそうなここ鹿嶋地方です。やはり暖かいって良いですよね!

さて、「いつまでも虫歯や歯ぐきの炎症が長引く方」という事ですが、このような訴えの方結構多いのでは!?
当店の漢方相談でも、「一年中歯医者通いばかりしているので何とかならないか」などのご相談が増えています。

もちろん虫歯が原因の場合は、きちんと歯医者での治療が必要になりますが、
●きちんと歯磨きをしているのにも関わらず虫歯になりやすい
●これといった原因がなく歯ぐきが腫れやすい
●歯ぐきが化膿しやすい
●治療は終わっているのに治りが悪い
●口の中が荒れやすい
などの症状が繰り返し起こるような場合は、原因が歯ではなく体の中から引きおこされている事が多いようです。


以上のように、繰り返し虫歯や歯ぐきの炎症を訴える方の原因として多いのが、「口内免疫の低下、亢進」です。

☆口内免疫が低下する原因として考えられるのが☆
○気虚といって、主に胃腸や肺の機能が低下し、全身の免疫力が低下します。(血虚と同時に起こる事が多いです)
○血虚といって、全身の栄養状態の悪化から免疫力低下が起こります。(気虚と同時に起こる事が多いです)
○陰虚といって、全身の水分保持力が低下する事によって免疫力低下が起こります。
○長期的な精神疾患(ストレス状態が長引くと体が弱り免疫力が低下します)

☆口内免疫が亢進する原因として考えられるのが☆
○気滞といって、過剰なストレスによって免疫が過剰に反応します。
○食滞といって、飲食の不摂生によって胃腸の環境が悪化し免疫が過剰に反応します。
○各種精神疾患(脳の興奮性が強くなり、免疫が亢進しやすくなります)
○陰虚といって、全身の水分保持力が低下する事によって、脳の興奮が強くなり免疫の亢進が起こりやすくなります。

以上が主な原因となり口内免疫が低下又は亢進する事によって、歯や歯ぐきの症状が長引くのです。


改善法としては
●ストレスから遠ざかる
●日本食中心でバランスのとれた食事を心がけ偏食はしない
●繊維質のものを多く取る(歯や歯ぐきを研磨してくれる)
●良く咀嚼する
●歯磨きは一日2回しっかりと(朝と風呂上がり)軽く舌磨きもする
●自分に合った運動を毎日行う習慣を
●夜は甘いものは摂らない

漢方では
・補中益気湯 ・人参養栄湯 ・ケイギョク膏 ・帰脾湯 ・半夏瀉心湯 ・各種六味丸類 ・衛益顆粒
・各種サイコ剤 ・ケイガイレンギョウ湯 ・茵陳高湯 ・竜タン瀉肝湯 ・釣籐散 ・板藍茶 ・白花蛇舌草 ・シンイ清肺湯 ・葛根湯 ・各種血流改善薬などが適応になる事が多いです。
リスブランの歯磨き粉もお勧めです。


繰り返し歯や歯ぐきの不快症状があるような場合は、体内バランスが崩れている事が原因かもしれません。
生活習慣の改善や漢方などで体内バランスを整える事も治療法の一つです。


ほちゅう
力強い味方です!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ