FC2ブログ
こんばんは^^今日は曇ったり、雨が降ったり、晴れたりとめまぐるしく天気が変わるここ鹿嶋地方です。真夏の天候は本当に変わりやすいですね。


昔から暑い夏は大汗かいて熱いものを食べると良い!なんて言われていますが、何でなのでしょうか!?


きちんとした理由がありそうです。


暑い夏は、外気温が暑いがために、体表部に近いところが熱を持ち乾燥傾向になります。

人間咽が渇くと冷たいものを欲します。

体内は決して水分不足に陥っていなくとも、咽が渇けば冷たい清涼飲料水をがぶがぶと飲んでしまいがちになります。


そのような状態が続き、あまり汗をかかない状況になると、体表部に面した部分(皮膚や粘膜、肺)などは常に乾燥傾向になり水分を欲するのですが、体内(特に消化器官)では水分過剰状態となり余計な水分があふれかえっているような状態となってしまいます。


そうなると 

「だるい」 「むくむ」 「食欲がない」 「やたら咽が渇く」 「冷房が寒い」 「あせもや虫さされがじゅくじゅくしてひどくなる」 「湿疹が出来る」 
などの症状が出やすくなります。

主に、体内に余計な水分が停滞し、その過剰な水分によって胃腸などの機能が阻害されているので出やすくなる症状です。


そんな時に良いのが汗をかきながら食べる食事です!

浮腫の原因となる体内と皮下の過剰な水分を汗で発散し、冷房で弱った皮膚を体の中から温め、冷えた胃腸にぬくもりと刺激と栄養を与え、緊張した各所の筋肉を解きほぐすという素晴らしい効能が多数考えられます。


あまり汗をかかない、胃腸の調子がいまいち、冷房で冷えている、冷たいものあっさりしたものばかり飲食している方という限定付きですが、『夏に熱いものを食べて汗をかく!』と言う事が、非常に健康に良いと言えます。

上の条件に当てはまらなくとも、たまには体を芯から温めると、夏ばてやだるさなどの改善に繋がるかも知れません。



ちなみに今日の宮脇家の夕飯はあつあつの「おでん」でした♪
大汗覚悟でタオル片手に食べたのですが、食べ終わると汗を流したからか、体がスッキリしました。


上手に体調管理して夏を乗りきりたいですね!


と言う事で明日も頑張りましょう!!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ