FC2ブログ
こんにちは^^朝から冷たい雨に包まれているここ鹿嶋地方です。昨日の快晴から一転、寒い雨の一日となりそうです。


さて、「この時期は食べものに注意」ということですが、この春先の時期というのは、体力が低下しやすいので、それに伴い胃腸の機能も低下します。

体力が低下する原因としては
○気候変動によるストレス
○気温変動によるストレス
○職場や修学環境の変化によるストレス
○冬の寒さから解放された事による体の弛緩
○花や木の目などの芳香作用による体の弛緩
などが重なる事によって体力が低下します。

この体力の低下によって、気力の低下や筋力の低下、貧血などが引きおこされるので、必然的に胃腸へ行くべき栄養も減る事によって、胃腸の機能が低下し、胃もたれや胸やけ、胃の痞え感が起こりやすくなります。

このような時は
●油っこいものは摂らない
●生ものは摂りすぎない
●冷たいものは摂らない
●味の濃いものは摂りすぎない
●満腹まで食べない(腹八分目)
●チーズや乳製品は控えめに
●日本食中心でバランス良く
●良く噛んで食べる
●繊維質や発酵食品を積極的に
●夜9時以降は何も口にしない
などが胃腸の働きを助けるのに大切な事項になります。

更に漢方薬では、主に胃腸の働きを助けるものや体全身の働きを向上させる作用のあるものを主に用います。又胃腸の働きが低下すると、胃腸に「湿熱」という病理物質が形成される事があります。口臭がする、胸やけ、湿疹が出来やすい、舌の苔が厚い、お腹が痛くなる下痢をするなどがある場合は「湿熱」の存在が伺えますので、この場合は体の働きを向上させる前に、湿熱を除去を行い事によって、胃腸の働きを修正していきます。

更に貧血症状が激しい場合は、補血作用のある漢方薬やアミノ酸製剤、鉄剤などを適時用いるようにします。


胃腸の働き低下は、症状として胸やけやだるさ、食欲不振、口臭、下痢や便秘、腹痛など様々な不快症状を引きおこしますが、あまり知られていないのが「精神面」への影響です。
★やる気が起きない
★なんとなくいつも不安
★笑う事が出来ない
★積極的になれない
★ぼーーっとしてしまう
★朝起きられない
★人と接するのが嫌
★情緒不安定
★こそこそしてしまう
★なんとなく心が重い
などといった心のベースにある部分への影響が、実は胃腸の状態が左右しているのです。

だいたいなんとなく調子が良くない時って、胃腸の調子もあまりよくない事って多くないですか!?
又あぶらっぽいものを食べ過ぎたり、冷たいビールや生ものを飲み過ぎた後って大概調子悪くありませんか!?

これらは胃腸の調子が心に影響している証拠なのです。


季節によって胃腸を養生し、いつまでも心も体も健康でありたいですね!









プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ