FC2ブログ
こんにちは^^ここにきて、ようやく気温が春らしくなって来たここ鹿嶋地方です。気温は上がり春らしくはなってきましたが、今日の午後から明日にかけてまた雨が降るそうです。スカッと晴れて春らしい陽気が続いてくれるといいですよね。

さて、ホットフラッシュの原因ということですが、ホットフラッシュといえば更年期障害だけが思い浮かぶ人も多いと思いますが、ホットフラッシュは更年期だけとは限りません。
女性の更年期以外にも、男性更年期、自律神経失調症、パニック障害、極度の疲労などでも引きおこされる不快症状とされています。

その不快な症状の原因について、漢方の知恵を借りながら説明していきたいと思います。

原因を一言でいうと「脳の過興奮」です。
脳が過剰に興奮することによって、一時的にホルモン系が活発になり血圧、血糖値が上昇し、顔が赤くなったり、汗が出てきたりなどの不快症状が発生するのです。

ではなぜ、興奮する状況でもないのに脳が過剰に興奮するのかといいますと、その原因として多いのが
●ストレス過剰で興奮しやすくなっている
●体の栄養状態が急、又は慢性的に悪化し、ある一定の状態より悪化したもの
●疲れやストレス、栄養不足などによって体のパワーが急激に悪化したもの
などが原因として考えられます。

中でも多いのが、成長期や更年期、ストレス、定年、環境の変化などによって、急激に体内のホルモン分泌量が減り、体全体が栄養失調状態となってしまっているというものです。

急激にホルモン量が減少すると、体内における栄養成分の生成、運搬、各種内臓機能などが急激に減退していきます。そうなると、必然的に体全体の栄養状態が悪化します。その状態が続き、ある一定以上悪化すると、脳が危機的状況と判断し、血糖値や血圧を上げるホルモン(アドレナリン、成長ホルモン、コルチゾールなど)を大量に分泌します。これらが分泌させると、一気に体が興奮し、血圧や血糖値などが急上昇するため、それが「ホットフラッシュ」となって表れるのです。



改善法としましては、体の栄養状態の改善です。

★更年期や退職、成長期などで、体内のホルモン分泌量が一気に減少したような時は足らないものの補充を
(地黄丸類、ケイギョク膏、参馬補腎丸、婦宝当帰膠、大豆製品、プラセンタ製品、レバー製剤など)

★過剰なストレスによって体内の栄養状態悪化や脳の興奮増大などが原因となっている場合は
(各種サイコ製剤、シンサージ、抑肝散加陳皮ハンゲ、釣籐散、七物降下湯、各種血流改善薬など)

★上記に伴い胃腸虚弱、食欲不振が伴う場合
(帰脾湯、補中益気湯、開気丸、半夏瀉心湯、茵陳高湯、竜タン瀉肝湯、イサゴール若葉、乳酸菌製剤など)

食生活では、甘いものは控えめにして、良質のタンパク質を多く取るようにするといいでしょう。しかしあまり偏るのも考えものなので、一番は日本食中心でバランス良くというのが良いでしょう。

日常生活では、人前に出るのが億劫になりがちになりますが、積極的に社会に関わるようにして、自分に合った運動を続ける事をお勧めします。



ホットフラッシュは原因不明とされる事が多いですが、漢方の知恵を借りると、その原因がはっきりと分かってきます。原因が分かった上で治療する事が、健康を維持していく上でとても重要になります。

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ