FC2ブログ
こんにちは^^朝から快晴!素晴らしいの一言に尽きるお天気となっているここ鹿嶋地方です。雨の降った後の天気って、とても空気が綺麗に感じますね!張り切って仕事していきたいと思います。


さて、今更ながら「子宮頚がんの原因」について書いていきたいと思います。

今更ここで書かなくても皆さん知っていると思うのですが、原因は「ヒト乳頭腫ウイルス」というウイルスが患部に住みつく事によって増殖し、徐々に患部の細胞が誤作動を起こす事によって、一部ががん化し増殖するというものです。

その元となるウイルスが子宮頚部(子宮の入り口)になぜ住みつくのかといいますと、ウイルスとの接触にてウイルスが移動してきます。公衆浴場や温泉などでもそのリスクはありますが、その可能性は極端に低く、多くは性行為によって感染します。(免疫力が低下していると、皮膚常在菌によってもそのリスクが出てきます)

また、膣内だけではなくオーラルセックスによっても、口腔内にもウイルスが感染します。なので、この「ヒト乳頭腫ウイルス」によって引き起こされる癌としては、子宮頚がん以外にも、口腔がん、喉頭がん、舌がんが考えられるのです。



予防としては、性行為を行う際は「必ずコンドームを装着すること」です!しかし、性器周辺へのウイルス感染も考えられるため、コンドームだけでは完全ではありません。
更に、口腔内への感染を防ぐためオーラルセックスはしないことです。

一番の予防は、見かけないいぼの方なものを見つけたら、速やかに医療機関にて診てもらうことや、定期的に検査を行うことです。

きちんと決まったパートナーとだけ愛を育めば、性病に感染するということは無いと思うのですが・・・


一度感染してしまうと、患部にいぼなどの視診のみで判断する為、感染しているのを分からないで性行為をしてしまうと、パートナーにうつしてしまう事が考えられるため、なかなか感染を食い止められないという傾向があります。
イボが発見され、コンジローマと告げられたら、完全に治るまでパートナーとの性交渉は全体にしてはなりません。更にパートナーの性器や口腔内も注意深く観察し、異常が発見されたら即医療機関にて治療を行う必要があります。互いに完全に治るまで、ウイルスをうつしあう可能性があるので、絶対に性交渉を持ってはいけません。


多くは感染しても、免疫力がしっかししていれば、自己免疫によってウイルスを駆逐し自然に治癒しますが、体力が弱っているとウイルスに負け、増殖を許していまい、性病→ガンへと発展してしまいます。

そう!自分が言いたかったのは、体のバランスを保ち免疫力を高めることが大切!ということです(^_-)-☆
免疫力が低下していると、悪性の低い皮膚の常在菌にも負けてしまい、子宮頚がんの原因にもなってしまいますが、きちんとした免疫力が備わっていると、悪性の高いウイルスも怖くはありません。

内臓を元気に保ち、皮膚粘膜が元気であれば、皮膚に付着してきたウイルスも怖くはありません。例え癌に直結するウイルスであっても、人間には駆逐する力が備わっています。規則正しい生活習慣を送り、常に体全体が元気であれば、何も怖くないということです。(何も怖くないといって無茶をすると元気が消耗しますが・・笑)


いつまでも心も体も元気いっぱいでありたいですね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ