FC2ブログ
こんにちは^^朝から曇り空となっているここ鹿嶋地方です。このところ晴れの日が続いていましたので、今日のようにしっとりとした日もたまにはいいですよね。

さて、「精神疾患の方が気をつける食事について」ということですが、当店にも各種精神疾患でご来店になられるお客様が数多くいらっしゃいます。


この精神疾患を抱えている方々というのは、皆多い少ないはありますが、ストレスを抱えています。
ストレスが原因で精神疾患が発病する事もありますが、精神疾患にかかる事によって、その事に対して常に思い悩んでしまい、その病気自体がストレスとなって、症状を悪化させてしまっている事も多いようです。

そのストレスによって弱る臓器があります。その臓器とは「膵臓」です。
ストレスホルモンによって、インスリン・グルカゴンの分泌が過剰になる事や、ストレスによる内臓や血管の収縮によって、消化酵素の出口に障害が発生しやすくなり、膵液の逆流などが起きやすくなる事などが、ストレスが膵臓を弱らせる原因の一つとなります。


膵臓の働きの一つに、消化酵素の分泌があります。
インスリンはあまりにも有名ですが、血糖値の調整の他に飲食物の消化に必要不可欠な、消化酵素の分泌という大変重要な仕事も行っているのです。

この消化酵素の分泌を、食生活を正す事によって穏やかにしてあげる事が出来るのです。
ストレスによって弱った膵臓を、食生活の乱れによって更に膵臓を痛めつけてしまうと、膵臓自体に障害が発生するのも懸念されますが、一番ネックとなるのは、消化されない飲食物が胃腸に停滞する事による胃腸の弱りと、分解、代謝されていないたんぱく質が血中に増える事による、精神状態の悪化です。

胃腸の弱りは、胃もたれ、消化不良を引きおこし精神状態を悪化させます。
代謝されないタンパク質は、全身の細胞(特に脳)を酸化、炎症させ、その機能を著しく低下させます。

以上が主な原因となり、精神疾患を悪化させてしまいます。


そこで気をつけるべき食事とは、膵臓の負担を減らす事です。
一番膵液の反応性を高める食事とは、「あぶら」です。特に動物性の脂分で、肉・魚にある過剰な脂は控えましょう。更に加工されたマーガリン、菓子類、チョコレート、揚げ物、ファーストフードの類も体に良くない油が大量に含まれているため良くありません。あまりひどい場合は、少しの間動物性たんぱく質も控えたほうがいいでしょう。

当然過剰な糖分もよくありませんので、甘いジュースやチョコレート、饅頭などの食べ過ぎも控えたほうが無難です。
また、アルコールやカフェインは直接膵臓に作用して、膵液分泌を過剰にさせてしまいます。たまにならいいですが、日常的摂取は良くありません。

以上を心がけ、一度の食事でお腹いっぱい食べる事は避け、こまめに少しずつよく咀嚼して食べることで、膵臓の負担をかなり和らげることができます。


膵臓の機能が良くなると、胃腸の調子も良くなりますし、各種飲食物の分解代謝もうまくいくようになりますので、全身の細胞の酸化も防ぐ事が出来るので、全身の状態が良好になっていきます。全身の状態が良くなると、必然的に精神疾患の方も良くなっていくのです。



全く元気いっぱいの方は、さほど食生活は体に影響しませんが、体のバランスを崩している方というのは、食生活が如実に体に影響します。体のバランスを崩している方は、少し食生活を見直してみてもいいかもしれません。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ