FC2ブログ
こんにちは^^朝から久し振りに素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。
やっぱりスカッと晴れると気持ちいいですね。 何をするにも晴れてると良いですよね!


さて、晴れるのはいいですが、段々と暑くなるにつれ気になるのが紫外線ですね。
冬は太陽光線が斜めから差し込む為、さほどその強さを感じませんが、夏になると垂直に近い感じで肌に突き刺さる為、その影響が大きくなるのです。

その紫外線ですが、程よく浴びる分には、皮膚の新陳代謝を促したり、ビタミンDの合成、血行促進などの効果がある為、健康を保つ上で大切なことなのですが、それも度を超えると体にとって有害なものへと変わってしまいます。

特に最近では、オゾン層の破壊が注目されており、今でこそ規制はされていますが、フロンガスや塩素系ガスの長期排出によってかなりのオゾン層が破壊されているといいます。このオゾン層は、生体への破壊性がとても高い紫外線をカットしてくれる素晴らしいフィルターなのですが、このフィルターが薄くなるという事は、人体への破壊性が高い紫外線がより透過しやすくなるという事になります。


この有害な紫外線が肌に過剰に到達してしまうと、肌表面の破壊が引き起こされます。所謂「日焼け」がこれなのですが、日焼けが起こると同時に活性酸素が過剰に発生します。日焼けだけですと、被害は肌表面のみになりますが、この活性酸素が発生すると、被害は肌表面だけでなく、それが体全体に及んでしまいます。

過剰な活性酸素は血管、内臓、脳などを酸化させ過剰な炎症を引き起こしてしまいます。この炎症がひどくなると、各種慢性病、内臓疾患、関節の炎症などの原因になる事も考えられるのです。


これだけ書くと、紫外線って怖い!と過剰に反応される方もいらっしゃると思いますが、それは人によっては全く怖くないものであり、又人によっては猛毒と化してしまうものなのです。というのは、人間には本来、紫外線などの有害物質を無毒化するような機能を備え持っているからなのです。この無毒化する酵素やホルモンの働きがとても優秀又は鍛えられているならばほぼ問題ない場合が多いのですが、産まれつきこの働きが弱いような方や、日光に全く当たらない生活を送っていると、体の無毒化するという働きが弱いため、少しの紫外線でも注意する必要があるのです。


○内臓虚弱(特に胃腸)
○日光に当たると真っ赤になる
○疲れやすい
○日光に当たるとすぐに疲れてしまう
○殆ど外に出ない
○色白ぽっちゃりで疲れやすい
○運動が大の苦手
などがある場合は注意が必要です。


対策としては
●全く外に出ない方は少しずつ当たる習慣を
●自分に合った運動を行う習慣を
●日焼け止めを塗る習慣を
●帽子を活用する
●食生活は日本食中心でバランス良く
●風が強い時は更に注意する
●日焼けした日はシャワーで簡単に
●普段日に当たらない方の日光浴は厳禁
●小さいお子さんは特に注意を
●ビタミンCやAを積極的に
以上が考えられます。

各種その方に合った漢方薬も効果的です。


当店では特に、敏感肌用の添加物が少ない化粧品で有名な、「リスブラン化粧品」の日焼け止めをお勧めしてご好評頂いています。保存料や香料が添加されていないため、小さいお子さんやご老人、トラブル肌の方でも安心して使えますよ!


たかが日焼け、されど日焼けです。
しっかりガードして美肌維持、健康維持に役立てていければいいですよね!
 
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ