FC2ブログ
こんにちは^^今日は朝からいい天気だったのですが、昼ごろから雲が出てきました。本当に最近過ごしやすい陽気が続いてますね! 張り切って仕事しましょう!!


さて、「抜け毛のご相談」ということですが、女性の方の抜け毛、切れ毛、白髪などのご相談をお受けすることがあります。

皆さん、病気ではないので病院の適応でもないし、かといって自分ではどうする事も出来ないし、とはいってもどうにかしたい!と随分お悩みになられご来店なさる方が多いようです。

その原因と漢方療法について書いていきたいと思います。


まず、その髪トラブルの原因ですが、誰しも老化によって髪質は悪化し、やせ細り、色が抜けていき、やがて抜け落ちていきます。それは自然現象であり、誰も止めることは出来ませんし、止める必要性もありません。

しかし当店にてご相談されるお客様は、老化と呼ぶには早すぎる方ばかりで、まだまだ血気盛んな方ばかりです。このような方々の髪トラブルは体のバランスの崩れから引き起こされている事が考えられる為、治療の対象となるのです。


では、その髪トラブルの原因となる体のバランスの崩れについて書いていきたいと思います。

髪というのは「血の余り」と呼ばれています。
これは、体表部にイキイキとした栄養たっぷりの血液が流れて、髪は成り立っているという意味です。この状態が崩れると髪はその機能を保つことが出来なくなり、枯れていってしまうのです。

髪に栄養がいかなくなる原因として
●胃腸虚弱で栄養を取り込む事が出来ない
●肝機能が弱く、栄養を髪が必要なものへと転換できない
●腎が弱く、体に不純物がたまりやすい
●過剰なストレス、過労、運動不足が原因で体表部の血管が収縮している
●過剰なストレス、過労、運動過剰で男性ホルモンが亢進してしまっている
●ジャンクフードやあぶらもの、ストレスによる腸内環境悪化
●栄養バランスの悪化、偏食、ダイエット
●貧血
●各種精神疾患
●各種慢性病

などによって、体全体のバランスが崩れることによって、体表部の血流が不足し髪に栄養がいかなくなる事によって、各種髪トラブルが発生します。


特に多いのが、過剰なストレスに食事バランスの悪化が重なるというものです。過剰なストレスが加わると、体が緊張します。緊張すると体表部の血管は収縮しますので髪へ栄養がうまく回りません。更にストレスは男性ホルモンを亢進させ、女性ホルモンの働きを抑制させます。女性ホルモンは頭皮のコラーゲンや血流を増やす作用があり、髪質を保っているのですが、ストレスが加わるとこの作用が弱まる為髪質が悪化します。

更に腸内環境が悪化すると、口から入って来た各種栄養の分解能力が悪化し、更に細胞の酸化を促進させてしまう物質の生成を促してしまいます。栄養が不足し、相対的に頭皮にダメージを与える物質が増えれば、必然的に髪質は悪くなります。

当店のご相談で多いのが以上のような、ストレス+食事バランスの悪化から引き起こされる髪トラブルです。改善法としてお勧めするのが、女性ホルモンを高める作用のある「婦宝当帰膠」「参馬補腎丸」「プラセンタ製剤」やストレスを緩和させる作用のある「逍遥散」「心サージ」、腸内環境を整える作用のある「イサゴール若葉・プラス」「酵素」、胃腸の働きを助ける「気脾錠」「人参養栄湯」「茵陳高湯」「ケイギョク膏」などをその方、その症状に合わせてご紹介しています。



髪トラブルも体からのサインです。特に急激に悪化するような場合は注意が必要です。
体の健康バランスを保ち、いつまでも綺麗な髪であり続けたいですね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ