FC2ブログ
こんにちは^^朝から暑い雲に覆われ、とても湿度が高く不快指数がとても高い日となっているここ鹿嶋地方です。
スカッと晴れた夏の太陽が待ち遠しいですね!


さて、この時期のだるさ、頭痛、眠気の原因の一つということですが、今回ご紹介するその原因とは「酸素」です。
この梅雨時期というのは、酸素量が極端に減少する時期なのです。

なぜこの時期に空気中の酸素量が減少するのかといいますと、
①気温の上昇
②湿度の上昇
③気圧の低下
これら全てが、空気中の酸素量を減少させる原因となるのです。これら原因が空気自体を膨張させてしまう為、酸素の密度が減る事により、呼吸により摂取できる酸素の量が減るのです。

摂取する酸素の量が減ると、体の中で何が起こるのかと言いますと、酸素量が少ないと、各種細胞が酸素を求めようとします。細胞が酸素を求める時はより多くの血流を求めようとしますので、血管が拡張します。全ての血管が拡張すると、細胞自体が膨張するので、炎症やむくみ、筋肉の弛緩の原因となるのです。

酸素を求めて細胞全てが血管を広げ膨張しますので、肝腎要の内臓や脳への血流が鈍ります。脳や内臓への栄養や酸素供給量が不足すると、ダルさや疲れ、眠気、やる気が起きない、食欲低下などの不快症状が起きやすくなります。更に、脳の酸素量も低下しますので、脳血管も酸素を求めて拡張します。過拡張を引きおこすと、神経に触れ「頭痛」が引き起こされるのです。

更にひどくなると、ヒスタミンという水分分泌が進みますので、消化器系に水分が増えたり自由水が増える事により、胃痛、胸焼け、吐き気、食欲不振、皮膚炎、動悸、息切れ、むくみ、めまい、筋肉のぴくつき・痙攣などの不快症状が付随する傾向にあります。


改善法としては
○普段より体を鍛える習慣を
○冷たいものは摂らない
○規則正しい生活習慣を
○飲酒はしない
○夜更かしはしない
○食生活は日本食中心でバランス良く
○動物性たんぱく質や乳製品はほどほどに
○香辛料を効果的に活用
○歯磨き舌磨きを習慣に
○繊維質を積極的に摂る


漢方薬では

むくんだ体を引き締める効果のある
☆補中益気湯 ☆衛益顆粒 ☆六君子湯 ☆ハンゲコウボクトウ ☆半夏瀉心湯 ☆平胃散 ☆茵陳高湯 ☆竜胆瀉肝湯 ☆田七製剤 ☆苓桂朮甘湯 ☆五苓散など

足りない栄養を補う
☆帰脾湯 ☆人参養栄湯 ☆ケイギョク膏 ☆婦宝当帰膠 ☆各種地黄丸類 ☆プラセンタ製剤など

酸素を全身まで回す
☆シンサージ ☆冠元顆粒 ☆冠脈通塞丸 ☆各種サイコ製剤 ☆牛黄製剤など

をその方、その症状によって用いるようにします。



当店に飾ってあった、胡蝶蘭も最近急に弱ってきました。この原因も「酸素不足」があるようです。というのは、この胡蝶蘭、綺麗な状態を保つのに、かなりの量の酸素が必要とされるそうです。昔の新聞記事ですが、ホテルの一室で胡蝶蘭の展覧会をしていたらしいのですが、その最中、酸素欠乏で倒れた方が多数出てしまったとのこと。胡蝶蘭は酸素を沢山必要とするというエピソードでした。


その時期、その季節によって体調は大きく左右されます。上手に体調管理を行い、更に場合によっては漢方薬などで体調管理し、いつも健康で元気いっぱいでありたいですね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ