FC2ブログ
こんにちは^^朝から真夏のような暑さとなっているここ鹿嶋地方です。梅雨はどこに行ったのか!?その気配を完全に消し去って、抜けるような青空となっています。
つい2~3日前に強風が吹きましたが、それによって梅雨から夏へと変わったよな気がしますね。


さて、間違われやすい皮膚炎「たむし」ということですが、当店での皮膚炎相談でひじょーーーーに、皆さん間違われて治療してるのが、たむしによる皮膚炎です。

その間違いとは、どうみても「たむし」だと分かる皮膚炎に、ステロイドの軟膏を付けるというケースです。

ステロイドとは、炎症を抑える作用があるので、たむしによる皮膚炎に付けると、一時的には炎症が治まるので効いたかのように感じるのですが、ステロイドの作用として、「菌を呼ぶ」という作用があります。菌を呼ぶとは、ステロイド自体が、細菌や雑菌のえさとなる為、それらの増殖がある場合、増殖する為のえさとなってしまうのです。

炎症は止めますが、えさにもなり得る為、良くなったかと思えば、すぐに憎悪してしまうということになるのです。


たむしの原因菌は白癬菌などの真菌です。真菌の治療は抗真菌類で治ります。
市販の水虫の薬で治ります。


そのたむしの見極め方ですが、患部が2~5cm位のわっか状の形で、赤くなり痒みがあります。そのわっか状の腫れものが、体の各所(手、足、陰部、頭など)あらゆる所に出来ます。

ハッキリとは言えませんが、わっか状の痒く赤い皮膚炎が数か所出来ていれば、たむしの可能性があります。
何度も言いますが、治療はステロイドではなく、抗真菌剤(市販の水虫薬)です。

ちょっと疑いたくもなりますが、病院でもたむしにステロイド剤が処方される事もあります。
付けたら悪化した。繰り返して出来て治らないといった場合は治療が間違っている可能性がありますので、きちんと見てもらえる病院に変えたほうが良いかもしれません。



皮膚炎はそれに見合った治療法があります。
是非症状に合った治療を行い、不快な皮膚症状が速やかに緩和されるといいですよね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ