FC2ブログ
こんにちは^^朝から真夏の暑さとなっているここ鹿嶋地方です。
本当に真夏のような暑さとなっています。この暑さに体が慣れていないせいか、夏バテの症状を訴えてご来店なさるお客様が増えています。


さて、「亜鉛製剤の飲み過ぎに注意」ということですが、各種亜鉛製剤を服用になってから、体の不調を訴える方がたまにいらっしゃいます。その理由について書いていきたいと思います。

当店でも、イーパオ(食用あり製剤)やケアリプラ(イソフラボン製剤)、牡蠣製剤などの健康食品に、亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛は体の酵素の活性に関与するので、免疫の補助、味覚、精子の形成、細胞の分裂などに大きく関わります。不足すると免疫機能の低下、貧血、下痢、糖尿病、記憶力の低下などが引き起こされます。

主にレバーや牛肉、納豆、牡蠣などに含まれています。


この亜鉛を食品より適度に不足にならないように摂っていれば何も問題ないのですが、サプリメントなどで過剰に摂りづつけてしまうと、思わぬ副作用が引き起こされます。

その副作用とは「貧血」です。

亜鉛が過剰に体内に入ってくると、銅の吸収を抑えてしまいます。銅はヘモグロビンの合成に必要なミネラルなので、銅の吸収が妨げられてしまうという事は貧血に直結してしまうのです。


亜鉛は、無きゃないで貧血になりますが、ありすぎても貧血になってしまうのです。
普段の日本食中心のバランスのとれた食生活を行い、胃腸が元気ならば、ほぼ亜鉛が不足する事はありませんので、どちらかというと、サプリメントなどで過剰摂取している場合による弊害の方が多いとされているミネラルなのです。

特に、子供さん、女性、ご老人などは、亜鉛製剤を摂取するに当たり注意が必要です。
服用を始めてから、ふらふらしたり、動悸息切れ、めまい、便秘、手足のしびれ、月経不順、頭痛、朝起きられない、眠れない、冷えなどが起き始めたら、体に合っていない可能性があります。


サプリメントは副作用があまり考えられないという風潮がありますが、そんなことはありません。
服用には専門家の指導のもと行って下さいね。


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ