FC2ブログ
こんにちは^^相変わらずの暑さが続いているここ鹿嶋地方です。昼間はさすがに暑いですが、朝夕は少し涼しい風が吹くようになってきました。暑過ぎるのは嫌ですが、夏が行ってしまうと思うと少しさびしくなりますね。


さて、「汗が出ない方」ということですが、産まれもった体質や運動不足などから、汗が出にくい体質の方がいらっしゃいます。そのような方のご相談を受けるたびに、汗っかきの自分としては「羨ましいな~」と思うのですが、本人様としては汗が出ないというのは、特にこの季節は辛いようです。

では、なぜ汗が出ないと辛いのでしょうか!?

汗腺の開きが悪いと、新陳代謝が悪化するなど、美容的な問題も考えられますが、一番問題視されるのが「体にある不要な熱を発散できない」という事です。

運動したり、今の時期のように暑い時期になると、体に不必要な「熱」がこもりやすくなります。人間の体というのは体温を一定に保とうとする機能がある為、体温が低下すると体を震わせて体温を上昇させ、体温が上昇すると汗を出し体温を下げようとします。この汗を出すという事が出来ない方というのは、「体温を下げずらい体」という事になるのです。

なので、運動や外気温が高いような時に汗が出ないと、体にある余計な熱が体外に逃げていかない為、その余計な熱で様々な不快症状が引き起こされるのです。

この時期一番怖いのが「熱中症」です。

体内に熱が過剰にある為に、体中の血管が過拡張を起こす事により、脳貧血や体全体の水分量が減少する事による脱水などが引き起こされやすくなるのです。

症状としては
○頭痛
○脱力感
○手足のしびれ
○やる気の消失
○吐き気
○喉の渇き
○動悸息切れ
などが考えられます。


暑い場所にいる時の改善法としては
●わきの下や足の付け根、首、頭などをこまめに冷やす
●こまめに水分を摂る
●肉類やアルコール、カフェインなどは摂りすぎない
●ストレス、怒りから遠ざかる
●睡眠はたっぷりと摂る
●旬のフルーツを積極的に
●甘いものや乳製品は摂りすぎない
●冷たすぎる飲み物は摂らない
●三食しっかり日本食を食べる
●日頃から軽い運動を取り入れ汗をかく習慣を
などが考えられます。

各種漢方薬も効果的です。
当店では、麦味参顆粒、ケイギョク膏などが人気商品です。



自分の体質をしっかりと捉え、それによって体を養生し、いつまでも元気いっぱいで生活していきたいですね!

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ