FC2ブログ
こんにちは^^厚い雲が所々に出てはいるものの、夏の暑い日差しが降り注いでいるここ鹿嶋地方です。
台風の影響かは分かりませんが、風が少し出てきたようです。風は長時間浴び続けると体力を奪われますので気をつけて下さいね。


さて、この時期に自分が好きな漢方薬ということですが、暑い真夏に自分が好んで服用する漢方薬を御紹介します。

その漢方薬とは「麦味参顆粒」と「茵陳高湯」です。

麦味参顆粒という漢方薬は、体の「気」と「陰」お補う効果があって、夏の暑さによる体力の低下、体全体の水分量の低下に効果のある漢方薬です。

茵陳高湯は、胆汁分泌を高める効果があり、更に胃腸や肝臓や胆嚢にある余計な熱や過剰な水分を処理するような効果があります。

この2つの方剤、見比べてみると、ある一面、相反する効果を持ち合わせている事が分かります。
麦味参顆粒は水分を補う効果があるのに比べ、茵陳高湯は余計な水分を処理する働きがあります。これらは一見すると相反する効果があるので、合っていない組み合わせのように感じます。


ではなぜ、自分はこの組み合わせを好んで服用するのかといいますと
夏は暑さや日焼けで体の水分量が不足します。暑さで水分量が不足すると体全体が疲れます。この時必要になるのが「麦味参顆粒」という方剤です。

夏というのは、冷たいものを多く飲んだり食べたりする為、胃腸の機能が低下しやすくなります。乾いた体に水分が多く必要になる為、普段より多く水分が入ってくる夏場は、胃腸の負担も増大します。負担が増え胃腸が疲れてくると胃腸に水分や飲食物の残滓が停滞しやすくなります。不要物が停滞し、夏の暑さが加わると、そこに熱が入りやすくなり腸に「湿熱」が形成されやすくなります。更に麦味参顆粒に配合されている生薬各種は「体に水分を留める」という作用が強い事から、形成された湿熱を助長させてしまったり、便秘を引き起こしたりなどのちょっとした良くない作用も考えられる為、それら全てを解消するために「茵陳高湯」という方剤が適応になります。


ちょっとだるいな

胃腸の調子が悪いな

下っぱらが重い

喉がやたらと渇く

などがある時に、この2つの方剤を服用すると、す~っと不快症状が取れるのが分かります。



自分の体に合っている漢方薬、いつまでも大切にしていきたいものです。

自然の恵みに感謝です。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ