FC2ブログ
こんばんは^^いや~今日は蒸し暑かったですね! 全国各所では、大雨や雷雨になっている所があるようです。夏の雷雨は突然やってきますので気をつけたいものですね。


さて心の病の原因ということですが、心の病と言うと鬱っぽい症状から不安、不眠、慢性疲労などに至るまで様々なものが現代医学ではその範疇にはいるのもと思います。

その心の病が今急増しているという事を、ニュースなどで見たり聞いたりする事が最近多くないですか?


自分なりにその原因というものを少し考えてみました。


その原因のひとつに「刺激が多すぎる」と言う事が挙げられそうです。


刺激とは、目から入る刺激、耳から入る刺激など五感を通じて入ってくるものや、対人関係のストレス、環境によるストレスなど体や心作用する刺激の事全てをさします。


テレビをつければものすごい光の量(明るすぎる)やガチャガチャと聞き取りずらい番組、パソコンをつければ全く規制されないアダルトサイトやものすごい量の情報、映像が目からの刺激となって入ってきます。

東京などでは道を歩いていても騒音、人の多さ、過剰なネオンなどで常に刺激が付きまとってきますし、排気ガスなどの臭いも刺激となって追い打ちをかけます。

そこに対人関係によるストレス、仕事がうまくいかない、家族への不安、加工食品などの過剰摂取による刺激などが重なり、それぞれが積もり積もっって耐えきれなくなった時に「心の病」となって表れるのだと思います。


刺激がなぜ良くないのかと言いますと、一般的に上に書いたような刺激は交感神経ばかりを刺激します。そうなると血管は収縮し、体は常に緊張し、そうすることによって脳や重要器官に栄養を送ることによって体を維持しようとします。

短期間なら全く問題ないのですが、長期に渡ると体の栄養が枯れ果てる状態、もしくは体の過度の緊張により栄養がうまく体を循環できなくなります。

そうなると脳がSOSのサインとして「刺激から遠ざかりなさい」という事で様々な不快症状となって表れてくるのです。


大事に至る前の体の防御反応というところでしょうか。

刺激がない世の中もさびしい感じがしますが、ありすぎるのも良くないんですよね。。


上に書いた事はすべての人に当てはまるというものではありません。すべての人に当てはまったら東京の繁華街には誰も住めなくなってしまいます。(笑)

生まれ持った素体の強弱が大きく左右してきます。
「自分はあまり強くないかも」と思ったら「刺激」に対して防御したほうがいいかもしれません。俺は体力には自信がある!という方も油断せずに養生していった方が懸命なのではないでしょうか。10代、20代は、元来弱い傾向の方でも皆さん元気な方が多いので注意が必要です!



と言う事で連休明けで辛いですが頑張っていきましょう!!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ