FC2ブログ
こんにちは^^朝から冷たい風が吹き荒れているここ鹿嶋地方です。つい3日前は32℃もあった気温が、今日はなんと22℃です。一気に10℃も下がると体はその気温差についていけません。しっかり衣服を調節して寒くないようにして下さいね。

さて、この気温差で「目は肌の乾燥」を訴えてご来店なさるお客様が増えてきています。

曇ったり雨が降ったりしていて、湿度が足りているように感じられますが、気温が低下すると、湿度計以上に人間の体は乾燥を実感します。というのは、急に外気の変動があると人間の体がその変化についていけなくなるからです。

外気は寒くなっているものの、人間の体はまだ夏と勘違いしていて、毛穴が開いてしまったり、皮膚表面の油分の調節などがうまくいかず、体内の熱の放散が進んでしまうことによって、より「乾燥」を感じやすくなってしまうのです。

通常季節の移ろいはジワリジワリと進むので、体の方もその移ろいに対応していけるのですが、真夏から秋を通り越して冬になってしまうと体は全く対応できなくなってしまい、様々な不快症状が体に出やすくなります。その不快症状の一つとして「目や肌の乾燥」があるのです。

対処法としては、とにかく体を冷やさないということです。
○衣服をこまめに調節して風にはなるべく当たらないようにする
○寝具類を調節して寝冷えを防ぐ
○冷たいものは飲まない、生ものを食べ過ぎない
○湯船やシャワーにて首筋や背中を温める
○自分に合った運動を行い体を鍛える
○夜はしっかり眠る
などが考えられます。

漢方薬としては
☆各種地黄丸類
☆麦味参顆粒
☆ケイギョク膏
☆黄連阿膠湯
☆婦宝当帰膠
☆温清飲
☆百潤露
などをその方、その症状に合わせて用いると効果的です。


日本には四季があります。その四季によって人間の体は変化して対応しようとします。変化するという事はその季節によって自分自身を食べ物、飲み物、衣服、生活のすべてに至るまで対応するように変化する必要があります。(漢方薬も然り)
上手にその季節に対応していつまでも元気いっぱい過していけたらいいですよね!


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ